こんなアイディアがあったのか!ゲームコンテンツを活用したプロモーション事例9選

By | 2014年6月13日

斬新な9つのゲームコンテンツを活用したプロモーション事例を紹介いたします!

スクリーンショット 2014-06-10 10.53.16

ゲームコンテンツはプロモーションツールまたは広告ツールとして
多くの企業のアプリやWEBサイト内で活用されています。

前回の『WEBサイト・アプリのエンゲージメントを高めるゲームプロモーション活用事例6選』の記事では、ユーザーにハマってもらう方法や、継続的に利用したいと思わせる方法など、
サイト事例からみる使ってもらいやすいゲームコンテンツの活用方法について、紹介致しました。

今回の記事では、他にはないアイディアで制作している
斬新なプロモーションのためのゲームコンテンツを事例をふまえてご紹介致します。

    ■目次
    ゲームコンテンツを活用したプロモーション事例9選
    1.【YouTube】YouTubeとスマホ連動のプロモーション
    2.【商品】ゲームを活用した商品プロモーション
    3.【キャラクター】ゲームを活用したキャラクタープロモーション
    4.【広告】ゲームを活用した広告クリエイティブ
    5.【O2O施策】ゲーム結果でクーポンを配布する
    6.【Twitter】ツイートすると見たいものが見れる
    7.【広告/PR】プロモーションとマネタイズを同時にはかる
    8.【ターゲット】ターゲットにあわせたゲームプロモーション
    9.【facebook】facebookと連動したソーシャルゲームプロモーション

    ポイントのまとめ

それでは、早速見ていきましょう。

ゲームコンテンツを活用したプロモーション事例9選

ゲームを活用したプロモーションをおこなう企業の事例をピックアップしながら、他にはないアイディアで制作している斬新なプロモーションのためのゲームコンテンツをご紹介致します。


1.【YouTube】YouTubeとスマホ連動のプロモーション

スマートフォンで操作したことが、実際YouTube動画に反映されて、動画が動きます。
スマートフォンでの操作はシンプルですが、何通りも動画があるので、何回でも使われるプロモーションです。
オウンドメディアだけではなく、ソーシャルメディアで企業が生活者からの評判や信用などを得ることは重要です。


Cheetos Cheetahpult

スクリーンショット 2014-06-11 0.55.45

YouTubeとスマートフォン連動のお菓子投げ入れゲームです。
YouTubeに表示されているURLをスマートフォンで打ち込むとスマートフォン上にお菓子投げ入れ装置が現れ、その装置を動かすとYouTube上にお菓子が飛んでいきます。


YouTubeとスマホなどダブルメディアの組み合わせによって最新のゲームになっている


2.【商品】ゲームを活用した商品プロモーション

商品の特徴を活かしたゲームです。商品の形、色、大きさ、特徴、商品が使われる背景、ターゲットなどを考えてゲームが制作されています。
一見、見たことがありそうなゲームロジックでも他にはない新しいゲームになります。


チロルトレーニング

スクリーンショット 2014-06-10 11.55.37

チロルチョコとう商品を使ったパズルゲームです。
商品の形や商品パッケージの色などを上手く活用したゲームになっています。色もチョコレートを連想させる色になっています。


商品の形、色、大きさ、特徴、商品が使われる背景、ターゲットなどを活かしたゲームを制作している


3.【キャラクター】ゲームを活用したキャラクタープロモーション

キャラクターの特徴を上手く活かしたゲームです。昔からあるゲームロジックを使っていますが
背景のデザイン、キャラクターにあわせたアイテム、キャラクターの動きなどが違うだけで全く新しいゲームになっています。
また、過去流行ったことがあるゲームに似ているとユーザーも理解しやすいので、使ってもらいやすいです。


ドンスーモJUMP

スクリーンショット 2014-06-10 11.55.23

コーヒーが大好きなドン・スーモが、ゴールに向かってひたすら上を目指すジャンプゲームです。
キャラクターの趣味趣向でアイテム等にこだわっているのところが特徴のゲームです。


キャラクターにあわせたアイテム、キャラクターの動き、背景のデザインなどキャラクターに合わせてゲームを制作している


4.【広告】ゲームを活用した広告クリエイティブ

良くある広告のクリエイティブではなく、広告のクリエイティブでゲームを活用するという事例も増えてきています。
広告上でゲームの体験ができたり、広告上で心理テストやアンケートに答えることができたり広告のクリエイティブにコンテンツを利用することでCTRを高めていきます。


PS3ソフト「Gran Turismo 5」

スクリーンショット 2014-06-10 11.55.10

実際に存在する3都市(ローマ、東京、ロンドン)のレース場を、Google Street Viewを活用して再現し、
キーボードの方向キーなどによる操作で、レーシング体験ができる仕様を備えたバナー広告を掲載しています。


広告のクリエイティブでゲームを活用する


5.【O2O施策】ゲーム結果でクーポンを配布する

ゲームスコアによって、店舗で使える抽選券や、ECサイトなどで使えるクーポンがもらえたりダイレクトに購買に繋がるようなインセンティブをゲームで遊んでもらうことを通してユーザーに与える施策です。


ビックロベーダー

スクリーンショット 2014-06-10 11.54.28

ハイスコアを記録すると「ビックロ」店舗に設置しているビックロガチャに参加できる特別メダルを獲得できたり、オンラインショップで利用できるクーポンを獲得できます。


ゲーム結果でクーポンを配布し、来店や購買に繋げる


6.【Twitter】ツイートすると見たいものが見れる

ここで紹介しているのはゲームではなくTweetすればするほどクリアするとパネルが外れていき、後ろに隠れている画像が見れるようになるコンテンツです。
ついつい画像が見えるまでやってしまいそうになる施策です。


▼雑誌「プレイボーイ」プロモーション

スクリーンショット 2014-06-10 11.55.49

見たいと思うものを見るためにコンテンツで遊んでもらうというのは1つの手かもしれません。
この法則を参考に、ゲームをクリアすると見たいものが徐々に見れるようになったり、高得点を獲得するとよりパネルが外れていくのも良いと思います。
また、見えていく画像の中に何かの「キーワード」を入れておき、その「キーワード」でクーポンを利用できるなどの応用もできそうです。


見たいと思うものを見るためにコンテンツで遊んでもらう


7.【広告/PR】プロモーションとマネタイズを同時にはかる

企業がプロモーションでゲームコンテンツを採用する際に、ヘッダー・フッダー部分にアドネットワーク広告もしくは自社製品の紹介をするバナーを出すと
マネタイズにも商品訴求にも繋がります。


お父さん迷路

スクリーンショット 2014-06-10 11.55.59

プロモーションも兼ね備えながら、上部に広告のバナーを設置し、アドネットワークの収益もあわせて見込んでいる。

バナー広告を入れて、プロモーションとマネタイズを同時にはかる


8.【ターゲット】ターゲットにあわせたゲームプロモーション

商品のターゲットの心理状態に合わせたゲームです。
ユーザーの本音に刺さりやすいようなゲームを提供することによって、共感を生みますし、商品のブランドイメージの向上にも繋がります。

「Roots AROMA SHOOTING」キャンペーンサイト

スクリーンショット 2014-06-10 18.57.38



商品のターゲットであると見られる男性サラリーマンに向けたゲームと想定します。
ここでは、「オフィスをフレッシュさせよう!」というキャッチコピーで、ストレスが多いオフィスや、自由すぎるオフィスに対してのモヤモヤをなくしていくといったゲーム内容です。

ターゲットの心理状態を想定する


9.【facebook】facebookと連動したゲームプロモーション

facebookと連動しているゲームです。facebookと連携していることで、ゲームの中に友人が登場したり、どんな友だちがいるかによって、ゲーム内容が変わります


サッポロビールWebサイト おつまみキャッチャーZ

スクリーンショット 2014-06-10 19.17.18

facebookでログインすると、友だちの都道府県47の出身地のおつまみにチャレンジできるコインを友だちの数だけ獲得することができます。
チャレンジしたい地方のコインを使って、タイミングを合わせて『つかむ』ボタンを押します。
成功すると壁紙がもらえたり、プレゼントに応募することができます。

SNSと連携することによって、自分だけのゲーム内容に変えることができる


ポイントまとめ

上記であげた9つの事例のポイントを簡単にまとめておきます。

・使いやすい場所にコンテンツを配置すること
・YouTubeとスマホなどダブルメディアの組み合わせによって最新のゲームになっている
・商品の形、色、大きさ、特徴、商品が使われる背景、ターゲットなどを活かしたゲームを制作している
・キャラクターにあわせたアイテム、キャラクターの動き、背景のデザインなどキャラクターに合わせてゲームを制作している
・広告のクリエイティブでゲームを活用する
・ゲーム結果でクーポンを配布し、来店や購買に繋げる
・見たいと思うものを見るためにコンテンツで遊んでもらう
・バナー広告を入れて、プロモーションとマネタイズを同時にはかる
・ターゲットの心理状態を想定する
・SNSと連携することによって、自分だけのゲーム内容に変えることができる

サイト内でのゲームプロモーションを検討している方は、ぜひこの9点を押さえてみてください。


以上、『こんなアイディアがあったのか!ゲームコンテンツを活用したプロモーション事例9選』でした。


関連記事
WEBサイト・アプリのエンゲージメントを高めるゲームプロモーション活用事例6選

ガイアックスでは、モバリストというデジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供のサービスをおこなっております。

まずは活用法をまとめた資料をどうぞ、入力はカンタン1分で完了します


まずはノウハウ資料をダウンロード