コンテンツマーケティングをはじめる前にこれだけは押さえておきたい4つのこと

By | 2014年7月7日

初心者の為のコンテンツマーケティングの基本について紹介します。
スクリーンショット 2014-07-04 0.03.07
「コンテンツマーケティング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
WEB業界にいる方は一度は耳にしたことがあると思います。

アメリカでは2011年から第一線で活躍するコンテンツマーケターを迎えて
「contens marketing world」が開催されており、
今年2014年も規模を拡大し続け、開催が決定しています。

Content Marketing World 2014がアメリカのオハイオ州で開催されます
スクリーンショット 2014-07-04 0.23.37
ただ、日本では浸透度は低く、アメリカの企業では
「コンテンツマーケティングを活用できているか?」という問いに
90%が活用できていると答えたのに対し、
日本の企業では、半分以上の企業が活用できていないと答えました。
▼日本の企業はまだ、コンテンツマーケティングを活用しきれていません

スクリーンショット 2014-07-04 3.21.20

出展:「コンテンツマーケティングの日米比較。コンテンツマーケ活用度合いはどの程度違うのか 〜BtoC企業のコンテンツマーケティング調査の日米比較より〜」のグラフより引用
そろそろ活用していきたいなとなと思っているマーケターあるいは企画担当者の方へ、
コンテンツマーケティングをはじめる前に押さえておきたい4つのポイントについてご紹介します。
■目次
コンテンツマーケティングをはじめる前にこれだけは押さえておきたい4つのこと
1.コンテンツマーケティングとは?
2.WEB上で見込み客と信頼関係をつくる
3.見込み客のライフスタイルに入り込む
4.コンテンツの継続的なブラッシュアップする
まとめ


それでは、早速見て行きましょう。

1.コンテンツマーケティングとは?

「最高に有益なブログを配信した。」
「面白いゲームコンテンツを制作した。」
もちろんこれらだけでは、見込み顧客に使ってもらえるかどうかは分かりません。

本記事でご説明するコンテンツマーケティングでは、
”見込み顧客にとってそのコンテンツがどれだけ有益か”
”本質的に見込み顧客のニーズに応えているコンテンツか”ということが重要になってきます。

コンテンツマーケティングを一文で表現すると、
Content Marketing Instituteの設立者で
アメリカにおけるコンテンツマーケティングの中心人物Joe Pulizzi氏はこう述べています。
「メディアを借りる」(=従来メディアの広告枠を買う)

      のではなく、

自らの所有するメディアでコンテンツを配信し、見込み客と直接的な関係を結ぶ

    、という考え方ともいえるでしょう。

出展:【インタビュー】「コンテンツマーケティングの可能性を広げる紙メディア」~Joe Pulizzi氏語る
見込み顧客にとって有益な情報を配信するとともに
WEBメディアを通して有効な関係性を築くことこそが
コンテンツマーケティングにおいて重要です。
コンテンツによって、見込み顧客と良い関係を作ることに注力するべきなのです。

2.WEB上で見込み客と信頼関係をつくる

コンテンツマーケティングはWEBメディア上で見込み顧客と信頼関係をつくることです。

「とりあえず、SEOをあげるために記事を量産しよう」
「楽しそうなコンテンツをたくさん集めよう」とうことでは、
見込み客に対してもその方法が伝わり、信頼できないサイトだなと
思われることは多いにあることです。

低質なコンテンツではなく、見込み客が本当に知りたい、
またはその商品やブランドに求めている
ことを
考えて良質なコンテンツを作っていくことが重要です。

まずは、見込み客へヒアリングをし、見込み客が欲しい情報であったり、
商品やブランドに求めていることを直接聞きながら
コンテンツをつくっていくことが重要になってきます。

ただ、注意したいのは
単発な要望をそのまま受け入れるだけではなく、
見込み客の本質的な要望を理解するために、なぜこの要望があるのか
という深いインサイトまで探る
ことが必要です。

深いインサイトまで探る為にも定期的に情報交換ができるように
WEBメディアを通して、長期的視野で見込み客と関係を築いていくことが重要です。

3.見込み客のライフスタイルに入り込む

長期的視野で見込み客と関係を築くためには
“見込み客のライフスタイルに入り込む”ことが重要になってきます。

見込み客とできるだけ長時間寄り添う為には
“商品を購入する”というフェーズだけアピールするのではなく、
“商品を購入する時以外でも、生活の中でその商品を意識してもらう”

ということが重要になってきます。

例えば、生協の宅配をおこなっているpal systemでは、
顧客のライフスタイルに入り込み、長期的な関係性を築く為に
以下のコンテンツを用意しています。
・レシピコンテンツ(だいどこログ
・専門家が離乳食情報を配信するコンテンツ(きほんの離乳食
・赤ちゃんがいるママたちが集まるSNS(yumyum baby club

など、生活に役立ったり、何度も活用したくなるような有益なコンテンツを用意しています。
また、専門家とタイアップしてコンテンツも見込み客に対しての信頼度があがります。

▼哺乳食作りのイロハが分かる!きほんの離乳食

スクリーンショット 2014-07-04 5.08.25
このように顧客のライフスタイルに入り込むことによって長期的な関係性を築くことで
ニーズが発生した時に、まず商品を思い出してもらう
ことができます。

4.コンテンツの継続的なブラッシュアップする

コンテンツに対する反応を見て、
コンテンツをブラッシュアップしていくことも重要になってきます。
ただコンテンツを配信するだけではなく、
コンテンツに対するFacebookやTwitterなどのSNSでの反応や、訪問数を参考にし、
ターゲットの反応やトレンドを探ります。

常に顧客の反応を気にしながらコンテンツを改良していくことで、
飽きられることなく、顧客と継続的な関係を築くことができます。
また、そうすることで新たなファンが生まれていくでしょう。

まとめ

最後に、コンテンツマーケティングに必要なポイントを簡単にまとめました。

●長期的視野で見込み客と関係を築く
●見込み客のライフスタイルに入り込む
●見込み客に信頼してもらう

上記を考慮して、コンテンツを考えていくことが重要です。

さらに勉強されたい方へ

また、本記事ではコンテンツマーケティングの「基本の基」を紹介させてもらいました。
さらに勉強されたい方は私自身も大変参考にさせてもらっているブログをご紹介します。

Ginza Metrics エンタープライズSEOブログ
-事例やすぐに実践で使えるノウハウを紹介されてます。
CONTENTS MARKETING LABO
-非常に分かりやすく、基本から応用まで多岐にわたって紹介されてます。

これらの記事を読めば、今日から貴方もコンテンツマーケターの仲間入りです。


以上、『コンテンツマーケティングをはじめる前にこれだけは押さえておきたい4つのこと』でした。

ガイアックスでは、モバリストというデジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供のサービスをおこなっております。

まずは活用法をまとめた資料をどうぞ、入力はカンタン1分で完了します


まずはノウハウ資料をダウンロード