クラウドファンディングのおもしろネタ6選!ソーシャルメディアで話題をかっさらう企画とは?

By | 2014年7月30日

クラウドファンディングおもしろネタ企画、6選をご紹介!

スクリーンショット 2014-07-30 9.20.18

メディアなどでも注目を浴びるクラウドファンディングですが、今では目的やプロジェクトを成功させるための1つの手段として定着しつつあります。

クラウドファンディングによって、ネット上で不特定多数の人から資金調達ができ、企業のみならず個人においてもアイデアを商品化するハードルが下がっています。

そんなクラウドファンディングにより、今まで商品化されることがなかった斬新なアイディアが次々と誕生してます。

本記事では、その中でもおもしろネタで話題をかっさらい、資金調達に成功した6つの事例をご紹介します。

    ■目次
    クラウドファンディングのおもしろネタ6選!ソーシャルメディアで話題をかっさらう企画とは?
    1.ヌンチャク携帯
    2.タニマダイバー
    3.21世紀のクーラー
    4.日本一踊れるデブのポーズ写真集
    5.ポテトサラダをつくる
    6.ファミカセの裏に書かれた名前をたどる
    最後に



1.ヌンチャク携帯

無駄にかっこいいヌンチャク系iPhoneケース「iPhone Trick Cover


120509iphonetrickcover2
120509iphonetrickcover3

    はっきり言ってその行為に意味はないけれど、


と実際に説明文に書かれていますが・・・(笑)
ちょっとしたカッコ良さや遊び心があり、共感を生み、130万円を獲得しています。



2.タニマダイバー

男の浪漫!胸に飛び込むフィギュア「タニマダイバー」の製品化!


14380452046_ce92e6066f_o


谷間を制するべく、飽くなき挑戦を続ける男たちの姿を描いたフィギア(笑)です。
2013年に話題になったフチ子の次にくるのはこのタニマニダイバーと呼び声も高く、目標金額40万円を達成しています。



3.21世紀のクーラー

23,000人以上、約600万円の資金調達を獲得した「21世紀のクールなクーラー

10491102_776244849107063_7604156259223226777_n

bluetoothスピーカーやUSB充電器、LEDライトなどが搭載されたクーラーで、
キャンプやピクニック等に大変便利そうです。
kickstarter史上ベスト4(7/30現在)に入る金額で資金調達を成功してます。



4.日本一踊れるデブのポーズ写真集

日本一踊れるデブ・ぎたろー君のポーズ集を作って全国のデブに夢と希望を与えたい!!


6535674597_82b1a58d82
7864885766_2797a72bef

    「その時、デブが動いた。」

という印象的なメッセージから始まっているこのプロジェクトは、
目標金額30万円を獲得し、無事に商品化されたようです。



5.ポテトサラダをつくる

ポテトサラダ


スクリーンショット 2014-07-30 7.24.19

当初は余計な説明はなく、

    「ポテトサラダを作ります、まだ種類は決めてないけど」

とだけ記載されていました。
こんなネタのようなプロジェクトが、まさかの5万ドルを調達しています。

出資の報酬項目を途中からどんどん追加されていき

    1ドル出資:ウェブサイトに名前を載せて、サラダを作るときに名前を叫びます。
    10ドル出資:キッチンに入ってサラダ調理を観察することができます。
    20ドル出資:ポテトサラダを題材にした俳句に加え、あなたの名前をポテトに彫ります。

どれも出資金額に見合っているかどうかはわかりませんが・・・(笑)
ネタ的にとても面白く企画に火がついたのでしょう。
企画者ブラウンさんは様々なニュースにも取り上げられ、今や有名人です。



6.ファミカセの裏に書かれた名前をたどる

ファミカセの裏に書かれた名前の主に届けに行くプロジェクト「ファミカセいこかもどろか!


6262519557_d86e435526
6262519615_4c2cc52dde


中古で手に入れたファミコンカセット(通称ファミカセ)の裏に書かれた名前を頼りに、
持ち主を探して返しに行くプロジェクトです。

    「確かに昔はゲームにも名前を書いてたな」
    「自分のゲームが戻ってきたら何となく嬉しいかも」
    「あのゲームどこまでクリアしたっけな」

と懐かしい気持ちが共感を呼び、目標金額を達成しています。



最後に

世界でのクラウドファンディングに関して
市場規模は拡大傾向にあり、その中で日本も例外ではないです。


日本の主要クラウドファンディング 累計支援額 月次推移  積み上げグラフ

出典:visualizing.info 日本の主要クラウドファンディング 累計支援額 月次推移 (積み上げグラフ)


こちらのグラフをみると2012年7月では2サービスしかなかったのに、ここに記載されているサービスだけでも2014年6月には10サービスになり増加傾向にあります。

また、全体の金額自体も同じく増加傾向です。

アイディアを商品化できるクラウドファンディングという新しい方法が定着しつつあるので、色んなチャレンジがどんどん増えていくと嬉しいですね!

以上、『クラウドファンディングのおもしろネタ6選!ソーシャルメディアで話題をかっさらう企画とは?』でした。


関連記事
企業による7つのクラウドファンディング活用事例

ついつい見てしまう!Facebookユニーク投稿ネタ15例


ガイアックスでは、しゃべくりスタンプというLINEで送れるスタンプ画像ASPコンテンツを展開しております。



まずは活用法をまとめた資料をどうぞ、入力はカンタン1分で完了します


まずはノウハウ資料をダウンロード