ついつい見てしまう!Facebookユニーク投稿ネタ15例

By | 2013年12月9日


131209image01

facebookのフィードに滝のように流れてくる膨大な投稿の中でも、

画面をスクロールして飛ばしたくなるものと
ついつい見てしまうものってありますよね。

131209image02

「まとまって面白い投稿が見たい!」
「facebook投稿の際の参考にしたい!」

という要望にお応えし、
筆者が思わず「いいね!」してしまった投稿の中から
9ジャンル15例をご紹介します!

    ■目次

    〇ジャンル
    ・クイズ(1例)
    ・ムービー(1例)
    ・時×画像(2例)
    ・キャラクター(2例)
    ・ユーザー参加(1例)
    ・マンガ(1例)
    ・商品×工夫(4例)
    ・カバー写真(1例)
    ・企業コラボ(2例)

クイズ

1.1枚クイズ

131209image03

「答えがわかった人は、答えは書かずにヒントをつけてシェア」
なるほど、思わず解いてシェアしたくなります。

クイズ系はクイズを考える必要があるのがネックですが、
ユーザーに体験してもらうことのできるコンテンツです。
懸賞などのキャンペーンとも相性が良さそうです。


動画

2.知リ100

131209image04

トビの雄々しさが流行りのvineによる6秒動画で伝わってきます。

最近、動画系の投稿も増えてきた印象です。
動画も短時間のサクッと見られるものが忙しい人にとってもいいですね。
その場合、動画の長さを併記するとより再生したくなります。


日にち×写真

3.Ben&Jerry’s

131209image05

お風呂で食べるアイスって美味しいですよね。


4.爽健美茶

131209image06

「良い夫婦」を爽健美茶で完全に演出しています。

こじつけでも日にちに関するネタは投稿しやすそうです。
また、後でいつの投稿だったか思い出しやすいのも特徴です。


キャラクター

5.カップヌードル

131209image07

テレビCMでおなじみのキャラクターを使っています。


6.ナビ豆しば

131209image08

こちらは愛くるしいキャラクターです。

昨今のゆるキャラブームに見られるように、キャラクターの重要性は依然として高いと言えるでしょう。
自社のキャラがいるなら、試しに投稿に登場させてみて反応を見てみては如何でしょうか。


ユーザー参加

7.オロナミンC

131209image09

「先日オロナミンC研究所で皆様と一緒に開発した」の「皆様と一緒に」という文言に上手さを感じます。
ちなみにこの抱き枕、欲しいですか?筆者は欲しいです。

ユーザーにアイディアを募り、複数のアイディアの中から投票してもらい、
そして抽選でそのアイディアをもとにしたグッズをプレゼントする。
一気に企業とユーザーとの距離が縮まります。


マンガ

8.BEAMS

131209image11

コーディネートをマンガで伝える自社サイトのコーナーのマンガを利用しています。
見たところ、facebook内では一度しか紹介していないようですが。

文字や写真だけでなく、(絵を描く技術にもよりますが)理解しやすくなる
マンガといういつもと違った切り口で投稿を行ってみてはいかがでしょうか。


商品×工夫

9.シャチハタ

131209image12

苗字とキャッチコピーの組み合わせ次第でまだまだ投稿ネタはありそうです。
これを見せられると次の投稿が楽しみになりますよね。


10.土屋鞄製作所

131209image13

京都の伏見稲荷大社の千本鳥居を彷彿とさせます。


11.オレオ

131209image14

子供のために作ってあげたら喜びそうです。


12.MINI Japan

131209image15

シルエットとヘッドライトのみ登場させています。ファンには待ち遠しく期待の高まる投稿です。

自社商品を使って面白さを演出する手法は商品の訴求を図る上で単純かつ効果的です。
アイディアベースな部分もありますが、自社商品を愛し抜けば自ずとネタは見えてくるはず!?


カバー写真

13.アスクル

131209image16

カバー写真を頻繁に変えています。ユーザーのフィードには「カバー写真を変更しました」と
大きく表示されるためインパクトも大きいです。

カバー写真を頻繁に変更するためには、アスクルさんのように元の画像を少しイジるだけ
にすると加工が楽でやりやすいと思います。


コラボ

14.クマ研究所

131209image17

こちらはクマのゆるキャラである「しょちょう」が企業訪問をしています。
また、シリーズものの投稿もあります。


15.ポカリスエット

131209image18

こちらはデジタルハリウッドとのコラボです。商品をテーマとした作品を描いてもらっています。

コラボレーションの良いところは双方にとってメリットがあることです。
定期的に他社とコラボするとマンネリも防げて良いこと尽くめです。


最後に

いかがでしたでしょうか。
面白い投稿を見つけたら「いいね!」を押してウォッチしてみてください!
ユニークで楽しい投稿でフィードが埋め尽くされるなんて幸せですよね。

以上、ついつい見てしまう!Facebookユニーク投稿ネタ15例でした!

ガイアックスでは、モバリストという デジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供 のサービスをおこなっております。

まずは活用法をまとめた資料をどうぞ、入力はカンタン1分で完了します


まずはノウハウ資料をダウンロード