今求められるコンテンツとは?国内大手会員サイトを調査してみた【食品・飲料業界編】

By | 2015年3月20日

大手企業会員サイトコンテンツ

今やすべての企業がWebサイトを持っていますが、その中に会員制のWebサイトを持っている企業も多く存在します。

会員制ということは、ユーザに個人情報の提供を承諾してもらわなければならないため、誘導するためにメリットを示さなければなりません。どのようなWebサイトであれば、ユーザは会員登録をしてくれ、そして継続的に訪れてくれるのでしょうか。

そこで当記事では、大手企業の会員サイトを参考に、ユーザに求められるコンテンツを調査しました!

    ■目次
    大手会員サイトではどんなコンテンツを用意しているのでしょうか?
    1. 大手会員サイトの調査概要
    2. 人気のサイトコンテンツはこれだった!
    3. 今、会員サイトに求められているコンテンツとは?

 1. 大手会員サイトの調査概要

企業サイト価値ランキング
当記事の調査では、日本ブランド戦略研究所が発表しているWebサイト価値ランキング2014 業種別ランキングから、「食品・飲料」業部門に絞り、ランキング1位から15位に掲載されている企業の中で、会員サイトを持つ以下の6サイトを調べました。

なお、Webサイト価値の算出方法について詳細はこちらのページをご覧いただきたいのですが、当記事の調査では「会員サイト」に限定してコンテンツの種類と数を追っていきます。

サントリータウン(サントリー)
コカ・コーラパーク(日本コカ・コーラ)
アサヒパーク(アサヒ(ビール・飲料))
ネスレアミューズ(ネスレ)
グリコクラブ(江崎グリコ)
エンゼルPLUS(森永製菓)


これらの会員サイトは、会員となったユーザに対して、一回きりの購買ではなく、「自社のファンになってもらえるか」「ファンであり続けてもらえるか」を目指して運営されています。

それゆえ、自社商品の最新情報を与えたり、エンタメ要素を出したり、もしくはインセンティブを与えるような、数多くのコンテンツによって構成されています。

では、そのような会員サイトの中でよく用いられているコンテンツは何なのか、どうしてそのコンテンツなのか、ということを調査・考察するのが当記事の目的です。

なお、「会員サイト」の立ち位置を下図のように表すと、当記事では会員サイト配下のコンテンツのみを取り上げました。「企業サイト」直下のコンテンツについてはまた別の機会に調査しようと思います。

企業会員サイト構成要素
それではお待たせしました。人気のコンテンツの発表です。

 2. 人気のサイトコンテンツはこれだった!


さて、大手企業の会員サイトを構成するコンテンツの種類と数を調査するというのが当記事の主旨ですが、当たり前のコンテンツは除いています。例えば、自社商品の広告バナー、自社運営他サイトへのリンクなどが除外対象に該当します。

まずは3位から順位発表していきます。

3位:コンテンツマーケティングでも主流のコンテンツ


3位は、6サイト中4サイトで使われているコンテンツで2つ該当しました。

コラム・ブログ

nestle_column
昨今のバズワードにもなっている「コンテンツマーケティング」の文脈で語られる「コンテンツ」の代表格であるコラムやブログは会員サイトでも人気です。

コラムやブログというコンテンツは、広告だけではユーザがなかなか知ることのできない一歩踏み込んだ情報を、企業側からの思いを添えて伝えることができるため、多く導入されていると考えられます。

レシピ

suntry_recipi
今回の調査対象が「食品・飲料」系の企業サイトなだけあって、レシピコンテンツとの親和性は抜群で、多くの企業が自社商品を使ったレシピを公開していました。

レシピで紹介された料理が「作りたい」「食べたい」という気持ちを喚起させ、その材料として使用する商品の購買に繋がる、というストーリーが見えてきますね。

コラム・ブログもレシピともに、運用によって比較的更新頻度を高く保つことが可能です。それゆえ、会員ユーザにとって役に立ったり、楽しませるコンテンツを継続的に発信することで、多くのユーザとの関係性を構築・発展させていくことができます。

2位:2014年に大注目されたあのコンテンツ


2位は、6サイト中5サイトで導入されているコンテンツです。

動画

asahi_movie3
2014年に「動画元年」と言われた動画コンテンツですが、会員サイトでは二つのタイプがありました。

一つは、Webサイト用に制作された動画であり、「会員になれば視聴することのできる」ものです。会員登録のフックとして機能するので、オリジナリティや質の高い動画が使われています。

もう一つは、CM動画です。CMはテレビで流されているものをそのまま流用したり、テレビでは公開されていない60秒版のCMを公開していました。最後まで視聴することでポイントを付与することで、ユーザにCMを視聴させます。

2014年は「動画元年」と呼ばれるほど、各社がこぞってリッチコンテンツである動画を制作していました。動画には映像はもちろんのこと音声などの多くの情報を盛り込むことで、テキストや画像コンテンツとは比較にならないほどリッチな体験をユーザに与えることができます。

1位:娯楽やポイント付与に最適なのはやっぱこのコンテンツ


調査した6サイト中6サイトすべてに使われているのは、ゲームコンテンツでした。

ゲーム

glico_game
ゲームコンテンツはポイント付与との親和性が高く、集めたポイントを消費して懸賞キャンペーンに応募できる会員サイトであるなら必須とも言えるコンテンツです。

小難しいものよりも誰でも簡単に遊べるような、いわゆる「カジュアルゲーム」が多いのも、言ってみればユーザにポイントを付与する口実として機能しているからでしょう。

ゲームの中に自社キャラクターや商品を組み込んでゲーム制作を行うことで、「ユーザに楽しんでもらいながら」「自社キャラクターや商品に愛着を抱いてもらいつつ」「ポイントを与えることができる」コンテンツとなります。そのため、どのサイトでも導入されている非常に使い勝手の良いコンテンツであることが分かりますね。

 3. 今、会員サイトで求めらるコンテンツとは?


今回の調査結果を表にまとめました。


サントリータウン コカ・コーラパーク アサヒパーク ネスレアミューズ グリコクラブ エンゼルPLUS
ゲーム
動画
レシピ
コラム/ブログ
占い
壁紙DL
掲示板
天気予報
クーポン

今回調査したような会員サイトを運営する上で、毎日一回プレイする度にポイントを与えるゲームコンテンツや、毎日更新されるコンテンツは有力だと言えます。会員サイトではこれらのコンテンツによって、「PV数」や「懸賞キャンペーンの応募数」の上昇が期待できるでしょう。

しかし、それ以上に「ユーザがどれだけ楽しんでいるか」という指標も非常に大切です。なぜなら、「ユーザにファンになってもらう」「ファンであり続けてもらう」ことが会員サイトの目的であるはずだからです。そういう意味では、数字には表れないが、あることでユーザに喜ばれるコンテンツにも目を向けるべきなのかもしれません。

あなたの運営する会員サイトには、どんなコンテンツが置いてありますか?

 あとがき


いかがでしたでしょうか。
以下に人気のコンテンツをまとめておきます。

更新頻度の高いレシピやコラム
 ⇒継続的に発信することでユーザとの関係性を構築できる
情報量の多いコンテンツ動画コンテンツ
 ⇒ユーザにリッチな体験を与えられる
ポイント付与に最適なゲーム
 ⇒ユーザにポイントと楽しさを提供できる

より良いコンテンツを設置し、活用することで、ユーザと継続的に関係性を深めていってください!

以上、『今求められるコンテンツとは?国内大手会員サイトを調査してみた【食品・飲料業界編】』でした。


■こちらの記事も合わせてどうぞ


モバリストでは、会員サイトにも最適なデジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供のサービスを行っております。

調査資料無料ダウンロード