Web担当者が必ず知っておくべきオススメのChrome拡張機能まとめ6選

By | 2015年8月20日

Chrome,拡張機能,まとめ,おすすめ

気付けば8月も半ばを過ぎ、ひたすらに9月に向かっていますが、どうして夏の終わりはこんなに物悲しいのでしょうか。おはようございます、スマリストの田嶋です。

これだけスマートフォン全盛の時代になっても筆者はPCでのブラウジングが好きなのですが、その理由の一つに「Google Chromeの豊富な拡張機能(アドオン)」があります。世界のブラウザシェアを見てみても、今ではChromeが覇権を握っていることが分かります。

そのような素晴らしいChromeの拡張機能について、当記事で厳選して「これは!」というものを6つ紹介します。

    ■目次
    1.検索のために
    2.競合調査のために
    3.情報収集・Web閲覧のために
    4.快適なChromeライフを成すために

1.検索のために

BUZZ RANKER

Web検索をしていて「このページ(サイト)はどのくらいソーシャルで評価されてるのだろう」と思うことはありませんか?「できれば評価の低いリンクをクリックする無駄を省きたいのに・・・」と。

そんなとき、BUZZ RANKERを使えば解決されます!

BUZZRABKER_compressed

BUZZ RANKERをインストールすると、検索結果一覧画面で記事タイトルの右横にいいね!(Facebook)、ツイート(Twitter)、はてブ(はてなブックマーク)のそれぞれの数が表示されます。

これにより、無駄なクリックをしなくてすむのでブラウジングがかなり捗ります。

2.競合調査のために

Ghostery

あなたがWeb担当者であれば、「競合調査をしたいのだけど、どんな施策を行っているのだろう」と悩むことはありませんか?

そんなときにはGhosteryを使うことで、競合の施策を丸裸にできちゃいます!

Ghostery_compressed

Ghosteryをインストールすると、閲覧しているWebページ内で使用されているタグがリスト表示されます。分析ツールやA/Bテストツールなど、ベンチマークしている競合がどんな施策を行っているか把握することで自社サイトにも活かせます。

SimilarWeb

「このWebサイトってどのくらいの流入があるのだろう」と気になることはありませんか?筆者は多々あります。
それならSimilarWebで決まりです!

SimilarWeb_compressed

SimilarWebを使用すると、現在開いているWebサイトの月間訪問数や滞在時間、平均PV、流入元などの情報を取得することができます。あくまでもざっくりとの数字になりますが、非常に有用ですし、Web担当者なら必須の拡張機能でしょう。

注意事項としては、計測されるのはデスクトップからの流入のみであり、モバイル版を測定するためには有料版が必要ということです。

3.情報収集・Web閲覧のために

OneTab

情報収集をしていて気付けば「タブを開きすぎて挙動が重い・・・」となることはありませんか?
そのようなときにはOneTabを使用してタブをまとめましょう!

OneTab_compressed

OneTabの拡張機能アイコンをクリックすると、現在開いているタブがすべて一枚のページにタイトル・リンク付きでまとめられます。またそのページをエクスポートして他の人と共有することもできます。

Create Link

「関連ページのタイトルとURLをエクセルにまとめといてー」という依頼が来て、地道にタイトルとURLをそれぞれコピペする…というケースはありませんか?

そんなとき・・・!Create Linkがあれば簡単解決です!

CreateLink_compressed

Create Linkをクリックすると、現在開かれているWebページのタイトルとURLがクリップボードに貼り付けられるのでそのままペーストすることが可能です。他にも、HTMLのタグ付きでクリップボードへの貼り付けも可能なので、ブログ編集をする方にとっては非常に有用です。

4.快適なChromeライフを成すために

SimpleExtManager

正直なところ、Google Chromeの拡張機能を紹介する記事は数多くありますので、全てをインストールすれば最強のChromeになる…かと思いきや、多く入れすぎると拡張機能にメモリが圧迫されてしまいます。

そこで「Chromeが重くなるから拡張機能はいれない!」派のみなさまにこの拡張機能、SimpleExtManagerをオススメします!

Simpleextmanager_compressed

Google Chromeの右上部にある設定アイコンから拡張機能のオンオフを切り替えられますが、正直なところかなり面倒です。
一方、この拡張機能であればオンオフをスイスイ切り替えられるため、Chromeを重くすることなく様々な拡張機能を使用することができます。

「拡張機能のせいでChromeが重い・・・」という方にも是非インストールしていただきたいです!OneTabやCreate Linkも非常に便利です。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

実際、世の中にはGoogle Chromeの拡張機能を紹介する記事はいくつかありますが、メモリの都合上、何でもかんでもインストールすることはできません。そのような方には最後に紹介した「SimpleExtManager」を使っていただきたいと思いますし、情報収集に熱心になってついタブを開きすぎてしまう方はOneTabを使って、サクサクChromeライフを楽しんでください!

以上、『Web担当者が必ず知っておくべきオススメのChrome拡張機能まとめ6選』でした。


■こちらの記事も合わせてどうぞ

時間のないビジネスマンに捧ぐ!情報収集が捗るオススメGoogle Chrome拡張機能11選まとめ


ガイアックスでは、デジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供のサービスを行っております。

調査資料無料ダウンロード