メルマガ開封率、フォーム完了率、動画広告収益などなど相場を調べてみたよ

By | 2016年3月3日

平均相場

「あれ、この数値の平均ってどのくらいだろう?」

そう思うことはありませんか?

私はあります。こんにちは、スマリストの田嶋です。

施策を行ったはいいが、その結果が良いのか悪いのか判断できない。
そんなときのために、メルマガ、入力フォームの平均を調べました。

また、ここ数年盛り上がっている動画広告収益についても調べました。

「あの数字って普通、どのくらいなんだろう?」

その疑問を解消します。

■目次
1.メルマガの相場
 1-1.平均開封率
 1-2.平均クリック率(CTR)
 1-3.平均解約率
2.フォーム完了率の相場
 2-1.EC系サイトの平均フォーム完了率
 2-2.不動産サイトの見学予約のフォーム完了率
 2-3.資格教育サイトの資料請求のフォーム完了率
 2-4.人材サイトの会員登録のフォーム完了率
 2-5.流通小売りサイトの会員登録のフォーム完了率
3.動画広告収益の相場
 3-1.YoutubeのPVあたりの平均収益
 3-2.niconico動画のPVあたりの平均収益


1.メルマガの相場

メルマガ

顧客との関係を築いていくためにメールマガジンの配信は非常に効果的です。
一般化して久しい手法ではありますが、いまでも効果的であることは分かっています。

ただ配信すればよいのではなく、いかにメールマガジンで顧客の心をつかむかを考えているメルマガ担当者もいることでしょう。

メルマガ配信においては配信→検証→改善というPDCAサイクルを回すことが重要になります。
しかし、振り返りを行う際に指標がなければ何も始まりません。

そこでここでは、開封率、クリック率、解約率というメルマガでも必須の項目の平均値を紹介しましょう。
カイロスのマーケティングブログさんを参考にさせていただきました。


1-1.平均開封率

配信されたメルマガのうち、メルマガが開封された割合ですね。

これは約20%と言われています。

メルマガは開封されなければ何も始まらないので、この数字が20%を切っている場合にはメルマガタイトルの改善が優先度の高い改善ポイントになるでしょう。


1-2.平均クリック率(CTR)

配信されたメルマガのうち、メルマガ本文に記載されたリンクをクリックした割合です。CTR(Click Through Rate)とも言います。

これは約2~3%と言われています。

多くのメルマガには本文内に自社サイトや商品ページへのリンクが貼られていると思います。
メルマガの最終的なゴールをコンバージョン(資料請求やお問い合わせ)に置いているなら、このクリック率の数値は重要になります。


1-3.平均解約率

配信されたメルマガのうち、解約されてしまった割合です。

これは約0.6%と言われています。

1000人にメルマガを配信したら6人が解約してしまうということですね。
この数字があまりにも平均より高いようであれば、メルマガの内容が顧客とマッチしていないか、あるいは顧客がメルマガ受信に納得していない(許可を得ていない)まま配信してしまっているのかもしれません。


2.フォーム完了率の相場

フォーム完了率

以前、先輩から言われた言葉があります。

改善は成果地点に近いところから手を加えるべきだ。
入口よりも、出口を整えることにより成果が最大化する。

良いこと言いますよね。

これを考えると、購入や資料ダウンロードなどのフォーム入力を必要とするアクションには注意が必要です。
せっかく顧客がフォーム画面にまで訪れてくれたとしても、フォーム完了率が低いと意味がありません。

以下は様々なジャンルサイトのフォーム完了率の平均値です。
UI改善ブログ by f-traさんを参考にさせていただきました。


2-1.EC系サイトの平均フォーム完了率

ECサイトではクレジットカード情報や住所などフォーム入力項目が多くなってしまいます。

そのフォーム完了率の業界平均は65%です。

自分の意志で商品をカートに入れてからフォーム画面に移行している場合が多いと考えられるため、このように高い数値が出ているのだと思われます。


2-2.不動産サイトの見学予約のフォーム完了率

不動産ポータルサイトでの内覧の予約です。

フォーム完了率は12%と、さきほどの数字よりもかなり低くなっています。

「フォーム入力が直観的に分かりにくかった」「電話のようにWeb問い合わせ以外の手段で問い合わせを行った」などの推測ができます。


2-3.資格教育サイトの資料請求のフォーム完了率

資格の専門学校や教材に関する資料請求です。

フォーム完了率は24%となっています。


2-4.人材サイトの会員登録のフォーム完了率

求人サイトのような人材サイトでの会員登録フォームです。サービスを受けるためには登録が必須となる場合が多そうです。

フォーム完了率は14%です。

「会員登録する」のようなボタンを押し、フォームを見た瞬間に離脱してしまっているのでしょうか。
このフォームも項目数が多そうなので、Webフォームからは項目を削り、面接の場で聞く運用にするなどの工夫が必要かもしれません。


2-5.流通小売りサイトの会員登録のフォーム完了率

会員登録と一口に言っても、メルマガ配信だけのものから会員サイトを持つものまでありますね。

フォーム完了率は48%です。

上記サイトと比べると比較的高い方に入りますね。
「会員になることでどんなメリットがあるのか」をわかりやすく示すことで完了率の改善が望めそうです。


3.動画広告収益の相場

動画収益単価

私の記憶では2年くらい前から「動画元年」と呼ばれていますが、サイバーエージェントの藤田社長によれば「(2016年はサイバーエージェントにとっての)動画元年」とのことなので、見事三年連続の栄誉を達成したことになる「動画元年」。

実際にお客様と話していても「動画」の話題が出ることはまだまだ多いです。
その動画に関して、代表的なサービスの広告収益の相場を出してみたいと思います。

メルマガの各指標、フォーム完了率とは少し毛並みが異なりますが、動画コンテンツに広告を乗せて配信しようと思っている担当者の方には有用かと思い記載しています。


3-1.YoutubeのPVあたりの平均収益

「動画サービス」と聞いて真っ先に思いつくのはYoutubeでしょう。
最近ではYoutubeの広告収益を上げるために動画を配信する人をYoutuberと呼び、彼らはテレビCMでもお馴染みです。

さて、その動画広告収益は1PVあたり0.1円前後と言われています。

Youtubeの動画広告は基本的にクリック課金なので、上記は収益をPVで割った数字になります。
そのため収益は広告の供給量にも影響を受けて変化します。

Googleアドセンスの規約により単価画像の公表はできませんが、
私は2年近くやってきて、平均0.25円程度ですね。

トップYouTuberたちの約2.5倍です。

YouTubeの収益は1再生当たりいくらなのか? | YouTubeでお金を稼いでワールドカップに行った男のブログ

というケースもあるようです。もちろん、0.1円を下回ることもあります。


3-2.niconico動画のPVあたりの平均収益

そしてもう一つ、日本初の動画プラットフォームであるniconico動画。
Youtubeと並んで日本の動画メディアを彩ります。

niconico動画における動画広告収益は1PVあたり0.388円がよく聞かれる数字です。
そして近年、この収益額は増加しているようです。

Youtubeと比較して約3.5倍なので、かなり収益性は高いと言えますね。


あとがき

いかがでしたでしょうか。

様々な平均の指標をもとに、自社サイトで追う指標を振り返ってみてくださいね。
ご参考になれば幸いです。

また、宣伝になりますが、私たちが運営しているモバリストでは、

  • メルマガのクリック率向上と解約率減少に効果的なコンテンツ
  • 広告レベニューシェアの動画サービス

を取り扱っております。

メルマガにお悩みの方や動画コンテンツに興味がある方はお問い合わせください。
動画コンテンツには広告収益のレベニューシェアモデルもあり、場合によってはniconico動画の収益を超えることもあります。

以上、『メルマガ開封率、フォーム完了率、動画広告収益などなど相場を調べてみたよ』でした。


■こちらの記事も合わせてどうぞ

調査資料無料ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。