Buzzfeedクイズコンテンツのシェアに向く設計から学べること

By | 2016年12月5日

「シェアさせるコンテンツ」を企画する方は参考になるかもしれません。

ニュースとエンターテインメントのwebメディア『BuzzzFeed』で公開されていた書体当てクイズが、とてもシェアしたくなるよう巧みに設計されていたのでご紹介します。

あなたの「絶対フォント感」はどのくらい? 書体当てクイズ!というタイトルです。

まずはクイズの内容についてです。

「絶対音感」をご存知でしょうか。簡単に言ってしまうと、ある音を聞いただけでそれが何の音であるかが分かる能力のことです。



BuzzFeed_quiz_question1



このBuzzFeedのコンテンツは、絶対音感の書体版である「絶対フォント感」を測るという趣旨のものです。クリエイティブ職の方はもちろん、フォントにこだわっている方やフォントが好きな方などがターゲットと思われます。



BuzzFeed_quiz_question2



このような形で、さまざまな書体を解答していきます。回答方式は2択、問題数は5問とライトなクイズなので、隙間の時間でサクッと遊べます

さて、このクイズで注目していただきたいポイントはディスクリプションの部分。実際にTwitterでの投稿ツイートを見てみましょう。




タイトルの下、「激ムズだから覚悟しな。」と表示されているのが該当箇所です。

誰かがシェア(ツイート)すると、タイトルとともに「激ムズだから覚悟しな。」という文言が表示されます。「あなたの絶対フォント感はどのくらい?」というタイトル、「激ムズだから覚悟しな」というディスクリプションが組み合わされ、「フォント」が好きな人は思わずクリックしたくなります。

激ムズの問題を自分がどこまで正解できるか試してみよう、と。

先に述べたように、リンク先に遷移してみると問題数は5問しかなく、しかもそれほど難しくないのです。

あまり難しくないことも大切な要素を担っていて、難易度が低いために高得点を取ることが比較的容易なのです。ですが頭には「激ムズだから覚悟しな。」のディスクリスプションがかすかに残っているので、「激ムズ」のイメージが残っています。つまり、激ムズの診断コンテンツで高得点を取れたんだと。



BuzzFeed_quiz_result



そしてクイズコンテンツを終えると「待ってました」と言わんばかりにシェアボタンが配置されています。ついには自然とボタンを押し、SNSでシェアしてしまいます。「どうだ!」と鼻息を荒げながら。Buzzfeed様の掌の上で踊らされてるとも知らずに。


あとがき

いかがでしたでしょうか。

ポイントをまとめます。

  • ディスクリプションで難しいと煽る
  • 短時間で遊べるコンテンツにする
  • 顕示欲を掻き立てるよう難易度は下げる

SNSで拡散されるようなクイズや診断コンテンツを企画されている方は、参考にしてみてください!

以上、『Buzzfeedクイズコンテンツのシェアに向く設計から学べること』でした。


■こちらの記事も合わせてどうぞ


モバリストでは、デジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供のサービスを行っております。

診断コンテンツ事例資料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。