布団掃除機のかけ方や頻度は?効果の比較100均のノズルで代用?羽毛布団は?

日頃使用している布団は清潔そうには見えても、実はあらゆる所にダニやノミが潜んでいて、一定の湿度と温度の環境下で爆発的に増えていくと言われています。

目に見えない部分なので日頃あまり意識はせず過ごしているかもしれませんが、一度気にしてしまうと快適に過ごせませんよね。

ダニやノミはアレルゲンなので、できれば根こそぎ退治していきたいところです。

そこで、布団掃除の効率的な方法をご紹介していきたいと思います!

布団掃除機の効果的なかけ方や頻度は?

おそらく、布団掃除機の使用が一般的かと思いますがどのくらいの頻度で掃除をされている方が多いのでしょうか。

冬用の布団だと頻繁には大変だと思います。

◎干すだけにしている人いませんか?

よくお布団を天日干しし、ぱたぱた叩いて終わり、という人がいます。

布団を干した日の夜はとてもあたたかい匂いがして、心地よく感じるかもしれません。

太陽が出ているときに干すと、布団の表面のほとんどの菌は死滅します。

しかし、それでは全部の菌が死滅するわけではないそうです。少し残った菌が布団の繊維の奥底でまた菌を生み増殖し・・・の繰り返しとなります。

◎有効的なダニ・ノミの退治の仕方

・洗濯で丸洗いをする

・掃除機を使ってダニ・ノミを根こそぎとってしまう

洗濯をするといっても、冬場の布団は結構重かったり、かさばったり、また実際問題洗濯機に入らないなんてこともあり得ます。

業者を呼んだりコインランドリーに持って行ったりという方法もありますが、どちらにせよ、頻繁にはやらないと思います。

◎布団掃除機の活用

そこで掃除機の出番です。やはり布団の上を掃除機でかけただけでは、表面のダニやノミの死骸や糞等は取り除けても、元気な菌は中々完全に退治することは難しい様です。日々のお手入れの中で是非取り入れて頂きたい事は、

①掃除機の前に表面を叩く

②掃除機をかける(90秒程度)

③裏返しにして再度叩く

④掃除機をかける(90秒程度)

以上が効率よく退治できるやり方になります。床とは違い繊維の上を走らせ、なおかつ目に見えないほど小さな相手を吸い込もうとするので、とにかくゆっくり丁寧に行う事がコツです。

菌はあっという間に増えていきますので、是非週に一回を目安に行って下さい。

これらを頻繁に行う事でダニやノミが住み着かなくなってきます。繊維の奥底に居る菌を退治するためには吸引力が強い掃除機を選ぶ事が重要です。

布団掃除機の効果比較!ダイソンVSレイコップ

https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/handheld/dyson-v7/mattress.aspx
(ダイソン公式HP)
https://www.raycop.co.jp/product/futon
(レイコップ公式HP)

色んなお布団の掃除のやり方がありますが、お馴染みの「ダイソン」と「レイコップ」を比較したいと思います!

◎レイコップ

大人気のレイコップの「ふとんクリーナー」ですが、「ふとん掃除機」の先駆けと言っても過言ではありません。

・「パワフルたたき」という、1分間で4000回も布団を叩いてくれるという機能がついている。→布団を感知した後に発動するようになっている。

・底部に紫外線ライトが取り付いており照射して除菌する「光クリーン機能」がついている。

・中のごみが見える様にライトが点灯する。

・コンセント式。

◎ダイソン

「最強のコードレス掃除機」にこだわりがあるダイソン。吸引力に定評があります。

・「サイクロン掃除機」。フィルターが詰まりにくく、吸引力に優れている。

・「フトンツール」という、細かいアレルゲンを取り除く機能がある。

・バッテリー内蔵タイプ。コードレス。

以上が両者の製品比較です。どちらもかなりいい性能で、細部のほこりなどを取り除ける機能がついています。

確かに、吸引力で勝っているのは「ダイソン」ですが、布団の掃除となるとあまり重さのない布団はかなり引っ張られやすいです。

その点「レイコップ」に関しては、若干吸引力に差はあるものの、布団に掃除機を置いた後のスムーズさでは勝っています。

布団掃除機を100均のノズルと普通の掃除機で代用できる?

先ほど、完全にダニやノミを取り除くために、掃除機を使用するやり方をご紹介しました。

勿論、市販の布団専用ノズルや布団用掃除機がダイソン等のメーカーから出ているので、そちらを購入される事が間違いないとは思いますが、やはり金額はそこそこしてきます。

普段床に使用している掃除機を代用できないかと、大勢の方が考えられるのではないでしょうか。

しかし、普段は床に使用している掃除機を寝具に使う事はとても不衛生だと思います。そこで掃除機のノズルを交換する事で、吸引力もそのまま、衛生的にお掃除が出来ちゃいます。

DAISOやキャン★ドゥから幾つかの種類が出ていて話題となっています。実際の商品はプラスチックのカバーを掃除機のヘッドの部分にはめるタイプが多く、布団の上に掃除機のヘッドを置いた時に布団が吸い付いてこず、スムーズにお掃除が出来るそうです。

布団専用クリーナーもあると便利ですが、値段が高く置き場所も取るので、100円で購入出来るなんて、とてもお得ですよね!

羽毛布団も布団掃除機で掃除できる?

結論から言うと、出来ます!

ただ、羽毛布団は正しいやり方で行わないと傷める原因となってしまいますので注意がい必要です。

羽毛布団自体、中の毛が飛び出さないような工夫で、布自体が高密度な布でできていたり織目を無くすような工夫がなされています。

そのため中で繁殖してしまったノミやダニが外に出てきにくい→更に奥底で繁殖! となってしまいます。

だからと言ってごしごしと掃除機をかけてしまうと、布団自体を傷つけてしまい、今度は中の羽毛などが出てきてしまう事もありますので、出来るだけゆっくり優しくかけてください。

そして、頻度を週に一回ではなく、もう少し増やしてあげる事で布団への負担を軽減しつつ菌を死滅させる事が出来ます。

まとめ

ベッドにいる時間は一日の約1/3と言われていて、その間にかく汗はコップ一杯分。汗等が菌の餌となるため、梅お布団はかなり劣悪な環境(ダニやノミには最高の環境!)です。

見えないからと言ってそのまま使用していると身体に影響を及ぼす可能性があります。

我が家も今年、ダイソンの商品を購入しました!やはりしっかりとダニ等を取ってくれているのか、旦那のハウスダストアレルギーが少し緩和されたように思います。

夏も冬も手を抜かず、布団掃除をやっていきます!是非今回ご紹介した方法で快適に過ごしていただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!