赤楚衛二はボイメン出身!アマゾンズやビルドに出演ドラマ「ヒロイン失格」「イノセンス」なども

 

仮面ライダー「アマゾンズ」や「ビルド」に出演し人気となった俳優、赤楚衛二をご存じでしょうか。

なんて読むの?というかたもいらっしゃるかもしれません。

「あかそえいじ」です。

ルックスに負けないくらいかっこいい名前ですね!

1994年生まれの26歳。

今とっても注目されている若手俳優の一人です。

ボイメン出身、「ヒロイン失格」で俳優デビューしました。

その後「イノセンス」などの人気ドラマに数多く出演し、ファンを獲得し続けています。

そんな彼が2020年に主演する映画とは?

彼のこれまでの経歴と共にお伝えしていきます!

赤楚衛二はボイメン出身!の名古屋人?


赤楚衛二はボイメンの出身です。

ボイメンとは、2010年に結成された「BOYS AND MEN」の略。

名古屋の男性メンバーで構成されたご当地エンターテイメントグループです。

当初は数十人が在籍する組織でした。

赤楚衛二の当時の芸名は赤楚衛(あかそ まもる)。

舞台公演やバラエティ番組レギュラー出演などの活動を行っていました。

生まれは大阪府とのことですが、10代の頃から名古屋のモデル事務所FORM JAPANに所属し、モデル、タレントとして活動していたようです。

現在はボイメンは脱退しています。

赤楚衛二は「ヒロイン失格」で俳優デビュー?

赤楚衛二の俳優としてのデビューは2015年公開の映画「ヒロイン失格」だったようです。

大きな役ではなかったようですが、俳優としての一歩を踏み出しました。

同時期にテレビドラマ「表参道高校合唱部!」に、石川翔 役として出演しています。

ここから

「通学シリーズ 通学電車 / 通学途中」「SCOOP!」「きょうのキラ君」(映画)

「わたしを離さないで」「模倣犯」「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」「フランケンシュタインの恋」(テレビドラマ)

と、立て続けに出演しています。

赤楚衛二は、仮面ライダー「アマゾンズ」や「ビルド」に出演から知名度アップ

 

赤楚衛二の知名度を一気に上げたテレビドラマが、仮面ライダーシリーズです。

2017年にAmazonプライムビデオ「仮面ライダーアマゾンズ」に長瀬裕樹役として出演。

その後、「仮面ライダービルド」で万丈龍我(ばんじょう りゅうが) / 仮面ライダークローズ(声)役として出演しました。

「仮面ライダービルド」では、桐生戦兎役の俳優と外見が似ていたため、髪を染める、筋肉を付けるなどして外見に変化をつけ、撮影に臨んでいたそうです。

またカメラが向いていないときにも頭を掻くなど細かい芝居をしたり、「熱くてバカっぽいところ」を出すため意識して巻き舌にしたり、自分なりの工夫をしていたようです。

努力のお芝居の結果、お茶の間の子供たちと奥様たちのハートを見事鷲掴みに。

知名度と共に人気アップしました。

その後「仮面ライダージオウ」にも、 第1と2話で友情出演しています。

2019年の赤楚衛二はドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」「わたし旦那をシェアしてた」と出演!

 

2019年からはテレビドラマがメインとなっていきます。

「イノセンス 冤罪弁護士」石和徳則 役

「わたし旦那をシェアしてた」松田秀明 役

「ねぇ先生、知らないの?」主演・城戸理一 役(馬場ふみかとW主演)

「パニックコマーシャル」主演・新倉泰斗 役

「科捜研の女」川上夏夫 役

「映像研には手を出すな!」小林 役

「美食探偵 明智吾郎」野中 役

「探偵・由利麟太郎」月翔太 役

と、人気ドラマに多数出演。

ここまでくると、一度はテレビで見たことある人が多いのではないでしょうか。

有名ドラマばかりですね。

2020年赤楚衛二は、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」で主演!


2019年、活躍の場を広げてきた赤楚衛二ですが、2020年、注目映画の主演を務めることが決定しました。

少女漫画を実写化した映画「思い、思われ、ふり、ふられ」。

咲坂伊緒原作、女子高生を中心に大人気の漫画です。

咲坂伊緒といえば、「ストロボ・エッジ」や「アオハライド」といった大ヒット作を生み出したヒットメーカーですね。

映画の内容にも期待が膨らみます。

今回の映画「思い、思われ、ふり、ふられ」で赤楚衛二が演じるのは、恋愛にも疎く天然なのに人を惹きつける「和臣(かずおみ)」。

まじめで、不意にどきっとさせてくれるキャラクターです。

赤楚衛二がいったいどのように演じてくれるのか、とっても楽しみですね!

まとめ

注目の俳優、赤楚衛二についてご紹介しました。

ボイメン出身で名古屋育ちの彼。

仮面ライダーシリーズで人気が出たあと、人気ドラマや映画に数多く出演しています。

爽やかなルックスと演技で俳優としての地位を築きつつある赤楚衛二。

2020年は映画「思い、思われ、ふり、ふられ」で主演を務めており、映画は絶賛上映中です。

赤楚衛二演じる「和臣」の爽やかな恋愛模様が見たいあなた、ぜひとも映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!