華原朋美の子を虐待したベビーシッターは誰?lineや動画で告発!

歌手の華原朋美さんが昨年8月に生まれた愛息子のベビーシッターを巡り、バイオリニストの高嶋ちさ子さんとトラブルになっていると、9月11日発売の「FRIDAY」が報じています。

華原朋美さんは、ベビーシッターの言動に度々不審に思う点があったため、部屋に設置したカメラに録画された画像を確認したところ、ベビーシッターが長男の両足をつかんで逆さづりにしている場面が映っていたというのです。

華原朋美の子供を虐待していたベビーシッターとはいったい誰なのか、ベビーシッターに関するlineや華原朋美自ら投稿した告発動画など、細かくご紹介していきます。

華原朋美の子を虐待したベビーシッターは誰なの?

問題になっているベビーシッターは、バイオリニストの高嶋ちさ子さんから紹介された方だったようです。

このベビーシッターは70代の女性で、もともと高嶋さんのお子さんの世話をしており、今も高嶋家に出入りしている方なので、安心して任せていたようです。

しかし、華原朋美さんはこのベビーシッターの言動に不信感を覚えることが度々あり、部屋にカメラを設置していました。

そして8月某日、カメラに録画されていた映像の中から、ベビーシッターが子供の両足をつかんで逆さづりにしている場面が映っているのを発見したそうです。

この時、華原朋美さんの子供は哺乳瓶を口にくわえたままで逆さづりにされていたほか、ベビーシッターの膝の上で揺さぶられている様子も映っていたそうです。

私自身も現在2児の親として子育てをしていますが、考え難い行為に思えます。

9月11日発売の「FRIDAY」に、ベビーシッターが実際に華原朋美さんの子供を逆さづりにしている画像も掲載されていましたが、かなりショッキングな画像でした。

自分の子供がされたと思うと平常心ではいられないほどでしたので、この映像を実際に見た華原朋美さんの心境が心配になります。

華原朋美の子を虐待したベビーシッターのlineとは?動画で告発!


この映像を見て驚いた華原朋美さんは、すぐにベビーシッターとの契約を解除し、高嶋にもLINEで虐待の画像を送って相談したそうです。

しかし、高嶋ちさ子さんからの返信は「これのどこが虐待なの?うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた」と、ベビーシッターの行為は、子供をあやす範疇のものだとして、「もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ」と、逆に華原朋美さんの考え方を否定する内容が綴られていたそうです。

「FRIDAY」の直撃を受けた高嶋ちさ子さんは、テレビで見せる強気な態度とは真逆の及び腰で「ちょっと待ってください。

あちらの事務所の方とお話ししてみます」と言って、自宅駐車場に入っていったまま戻ってこなかったそうです。

華原朋美さんは「今でも信じられないです」「高嶋さんのことは信頼していただけにショックです」と動揺する心の内を明かし、しばらくは息子の健康状態を見守りたいと語っています。

そんな華原朋美さんは、9月15日深夜に自身のYouTubeチャンネルを立ち上げ“リスタート”を切りましたが、髪の毛や眉毛は整えられておらず、ほぼノーメイク、呂律が回っていないようなシーンもみられ、以前とは違う姿に心配の声が相次いでいます。

一番目の動画は16日付の「華原朋美YouTube始めます!」というタイトルのものでした。

その中で華原朋美さんは「皆さん、こんばんは。華原朋美です。これからユーチューブを一生懸命頑張りたいと思います。

今日はいろんな話をしようと思ったんですけれども、ちょっとこんな時間になってしまったので、また明日改めていろんなことをお話したいと思います。よろしくお願いします」語っています。

しかし動画の中の彼女は、時折目がうつろで、全体的に以前よりふっくらした様子でした。

その変貌ぶりに、ネット上でも「嘘でしょ?」「私の知ってるともちゃんじゃない…」「ろれつが回ってない」「どうしちゃったの…」「さすがに心配になる」「赤ちゃんは大丈夫なのかな?」と精神状態を心配する声が相次いでいます。

女性誌の記者の方の中には、「現在は削除されているようですが、実は“最近の事情についてのご説明”というタイトルでアップされた動画があったんです。

その中で彼女は“(これから息子に)障害が出る可能性もゼロではないと言われた”“大事に大事に育ててきたのに、とても悔しい”などと語っており、今回の一件や新型コロナの影響でよく眠れていないとも話していました。

そういったストレスもあったのか、確かに動画で見る彼女からはあまり覇気が感じられませんね。

ファンたちが心配の声を上げるのも無理ないかもしれません」と言っていた方がいたそうです。

その後投稿された「人生はジェットコースター」という4本目の動画では、息子を抱き上げて、「息子もすごく元気です」「もう今は食欲も戻りましたし、息子と一緒に楽しく遊んだりとかして、どんどん前を向いています」と報告し、前向きな姿を見せていたそうですが、やはり華原朋美さんの精神状態は心配になります。

華原朋美の事務所退所とベビーシッター虐待事件との関係はない?


華原朋美さんは、8月31日付けで所属していたプロダクション尾木との契約を解除していたことが分かっています。

この契約解除は今回のベビーシッターの虐待事件と関係があるのでしょうか。

16日配信の「文春オンライン」では、今年1月に自動車を運転中に物損事故を起こしながら酩酊状態で逃走し、警察の聴取を受けたほか、この1年以内に3度の交通事故を起こしていると報じられています。

事務所の関係者の方は「契約解除というのは華原の体裁を保つためであり、紆余曲折ありながらも長年支えてきた華原に対する尾木徹社長の温情でしょう。

華原は仕事のドタキャンや薬物の過剰摂取などのトラブルが重なり、2007年にも1度、尾木プロから契約解除を食らっていますが、今回もその時と同じ。

今は華原のお母さんが全面的にバックアップしているようです」と語っています。

先ほど紹介した華原朋美さんのYouTubeの“最近の事情についてのご説明”というすでに削除された動画では「睡眠薬の過剰摂取は妊娠判明以降は一切やっておりません」と否定しており、交通事故についても「ただの事故ということで、保険扱いで5:5で終わっている話」と説明していました。

テレビ局の関係者の方は、このことについて「実は尾木プロからテレビ各局に対し、このYouTube動画について扱わないよう要請がなされています。

芸能事務所がすでに契約を解除したタレントについてこうした要請を出すというのは、極めて異例です。動画は華原本人が公に発信しているものなので、その事実を報道したところで問題はないと思いますが、尾木プロはかなり華原の現状を心配しているようです。

尾木プロとしても、手に負えないということで華原との契約を解除したものの、尾木社長も昔気質で情に厚い方なので、長年付き合ってきた上での温情というか、どこか保護者のような責任感を感じているようにみえます。

そんな尾木プロからのお願いとなれば、今後のお付き合いもありますし、断るわけにもいかず、ウチでは扱わないことになりました」と話しています。

なので今回の華原朋美さんの事務所退所は、ベビーシッターによる虐待事件と直接は関係していませんが、諸々の報道を受けて、事務所の社長による温情ではないかということなので、少なからず間接的に関係があったのかもしれませんね。

まとめ

現在、華原朋美さんはすでにツイッターとインスタグラムを開設し、「フリーになりました。これからも子育てと両立しながら歌のお仕事やバラエティ番組への出演も頑張りたいです!」と投稿しています。

ですが、華原朋美さんの負った心の傷はかなり深いもののように思えます。まずはしっかりと心身を整えてほしいと願うばかりです。

最新情報をチェックしよう!