緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?飲食店はいつから いつまで?各都道府県の対応は?

ライフ

2月2日に1月7日から発令された緊急事態宣言の再発令が延長と発表された。

緊急事態宣言再発例の延長内容は?飲食店だけなのか?

いつから いつまでなのか?

各都道府県の対応など調べていきます。

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?

そもそも緊急事態宣言は、昨年の2020年3月13日に成立した新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく措置であり

今回の緊急事態宣言は再発令もしくは2回目の緊急事態宣言とも言える。

緊急事態宣言の再発令は、2021年1月7日に1都3県に対して出していたが、1月13日に7つの府県を加え対象は11都府県に拡大して2月7日まで発令された。

しかしながら感染の拡大が収まらず当初の予定だった1月7日から2月7日までだったのが1ヶ月追加され

3月7日まで延長される事となりました。

しかし、緊急事態宣言再発令延長(2/8~3/7)は
栃木県を除く10都道府県
東京都
千葉県
埼玉県
神奈川県
愛知県
岐阜県
京都府
大阪府
兵庫県
福岡県
に対して緊急事態宣言が再発例されました。

内容は
飲食店の営業を朝5時から夜8時までとし
アルコールの提供も午前11時から夜7時までの提供をメインとした宣言を行いつつ

国民にはの不要不急の外出を自粛して貰う要請を行う様だが今までは夜のみだったが日中も外出を自粛するように宣言された。

ただ今後、感染状況が落ち着き一般的に言われるステージ2になれば段階的に緊急事態宣言を解除するとも発言していた

緊急事態宣言 10都府県で来月7日まで延長 今夜正式決定へ | NHKニュース
【NHK】11の都府県を対象にした緊急事態宣言について、政府はこのあと7時から対策本部を開き栃木県は解除する一方、東京や大阪など1…

緊急事態宣言の再発令が延長!要請は飲食店のみ?一時金はどうなる?

時短の要請は飲食店のみであるが協力金などの支払いは各都道府県で違いがある様だ。

東京都では大企業の飲食店にも協力金の支給がある様ですし三重県の津市では事業者に対して10万円の支援金が出るようです。

しかし多くの企業や店舗・施設では対象外となっている。

その一方で飲食店に関係する企業へ緊急事態宣言の延長で一時金の支給を40万円から60万円支給されるとも発表された。

報道ステーション

東京「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1月8日~2月7日実施分)」の実施概要
【大企業向け】をお知らせします!

この中で菅総理大臣は「先月の緊急事態宣言の発出以降、東京をはじめ全国の新規感染者数は減少傾向にあり、飲食店の時間短縮を中心とする今回の対策がはっきり効果を上げていると考えられる。今後も減少傾向を継続させ入院者数、重症者数を減少させる必要がある」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210202/k10012846101000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?愛知県の対応は?

愛知県は11月29日から名古屋市を中心とした地域で時短を1日2万円で要請がありましたが全く効果がなく
12月18日から1月11日の間に愛知県独自の緊急事態宣言とし飲食店へ夜9時までの時短要請を1日4万円で行いましたが、またもや大きな効果は出ませんでした。

1月12日からも愛知県独自の時短要請の延期を行いましたが政府が都心のみの緊急事態宣言に追加してもらう形で時短要請を発令しました。

なので 愛知県は1月12日から1月17日まで1日4万円で1月18日から2月7日の間はアルコールの提供を夜7時までとし1日6万円の協力金を実地する事となった。

緊急事態宣言の再発令の延長を発令された事により
2月8日から3月7日まで延長されました。

緊急事態措置の解除及び厳重警戒措置の実施に伴う「愛知県感染防止対策協力金(2/8~3/14実施分)」の実施概要について - 愛知県

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?三重県の対応は?

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?岐阜県の対応は?

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?大阪府の対応は?

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?京都府の対応は?

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?兵庫県の対応は?

緊急事態宣言の再発令が延長!内容は?いつから いつまで?福岡県の対応は?