南明奈アッキーナが妊娠七ヶ月で死産!不妊治療や手術・妊活・・頑張ってほしい

エンタメ

2018年5月に結婚を発表した、お笑いコンビ・よゐこの濱口優さんとタレントの南明奈さん。

当時お2人の結婚はかなりかなり話題となり、祝福する声が数多く寄せられていました。

そんな中、2021年6月8日に南明奈さんが妊娠七ヶ月で死産したことを発表

ネット上では「ゆっくり休んでください」「頑張ってほしい」と、心配する声が数多く寄せられていました。

そこで、アッキーナこと南明奈さんの妊娠七ヶ月で死産した原因などについて詳しく紹介していきます。

南明奈アッキーナが妊娠七ヶ月で死産!よゐこの濱口優と報告

タレントとして活躍するアッキーナこと南明奈さんは、2018年5月にお笑いコンビ・よゐこの濱口優さんとの結婚を発表しました。

2014年2月に交際が発覚すると、当時かなり話題にもなっていましたね。

2019年9月3日には、お互いのインスタグラムで結婚披露宴を行ったことを報告。

白のタキシード&ウエディングドレス姿も一緒に披露すると、「おめでとうございます!」「ドレスめっちゃ似合ってる!素敵」と祝福の声が数多く寄せられていました。

その後南明奈さんは、濱口優さんのYouTubeチャンネル『おうちのまさる』を通して、第1子妊娠5ヶ月であることを報告

しかし、2021年6月8日にお2人のインスタグラムで、第1子が妊娠七ヶ月で死産したことを発表しました。

インスタグラムには白い画像が投稿され、「ご報告がございます。私達夫婦に授かった命は、空へと戻りました」とコメント。

「七ヶ月という時間でしたが、私達家族は幸せでした」と報告していました。

南明奈さん、濱口優さんの気持ちを考えると、どれだけ辛く悲しい思いをしたのか計り知れないですし、改めて妊娠して出産することは当たり前ではないと実感しますね。

南明奈さんは現在無事に退院し、回復に向けて自宅療養しています。

大変かと思いますが、今はゆっくり休んでほしいですね。

南明奈アッキーナが妊娠七ヶ月で死産の原因は?

2021年6月8日に自身のインスタグラムで、死産を報告した南明奈さん。

そこでは、死産したことの原因については明記されていませんでした

妊娠七ヶ月といえばお腹も大きくなってきて、体重や体のむくみなども変化し、体を動かすことが大変な時期です。

お腹が大きくなる中で赤ちゃんが成長していることも実感できる時期ですし、南明奈さんと濱口優さんも生まれてくることを楽しみにていたと思います。

そんな中での死産ということもあり、お2人のショックは相当大きかったのではないでしょうか。

一般的に死産の原因として、以下の事例が発表されています。

【母体に原因がある場合】

  • 妊娠高血圧腎症
  • 羊膜感染
  • 糖尿病
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 薬物・飲酒および喫煙
  • 甲状腺の病気

【胎盤に問題がある場合】

  • 前置血管
  • 臍帯脱出
  • 常位胎盤早期剥離

このほかにも、さまざまな理由で死産になるケースが報告されています。

中には死産の理由がはっきり特定できないケースもあるようで、それだけ無事に出産するということは奇跡に近いということですね。

南明奈アッキーナは子宮内膜症で不妊治療や手術・妊活・人工授精と頑張った

南明奈さんは濱口優さんと結婚して以降、妊活を根気強く続けていました。

そんな中で、子宮内膜症であることが発覚しています。

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、卵巣や腹膜など子宮以外の場所で増殖や剥離を繰り返す病気のことです。

子宮以外の場所で増殖した子宮内組織は腹膜内にとどまってしまうため、炎症や痛みなどの原因にも繋がります。

南明奈さんは妊娠しにくい体であることが判明していました。

それだけでなく、病院で検査したところ左の卵管が詰まっていることも判明しています。

卵管は精子や受精卵の通り道であり、詰まったりせまくなっていたりすることを卵管障害とも言います。

実は卵管障害は、不妊の原因のおよそ30%〜40%を占めているのです。

ちなみに、子宮内膜店は子供が妊娠しにくいことは判明されているものの、これが原因で死産ちなるケースは今のところ確認されていません。

南明奈さんは手術を受けたり不妊治療や投薬治療を行ったりするなど、諦めることなく懸命に妊活を続けていきました。

南明奈さんがこれまでにどれだけの努力をし頑張ってきたのか、体への負担も大きかったと思います。

ネット上では、「今は心と体を休めてね」「自分を責めずに今は体を休めてほしい」という声が見られました。

今は本当に辛い時期だと思いますが、夫婦で支え合っていつか前を向ける日が来ることを願いたいですね。

まとめ

今回は、アッキーナこと南明奈さんの妊娠七ヶ月で死産した原因などについてまとめました。

2021年6月8日に七ヶ月で死産したことを発表した、南明奈さん濱口優さん夫婦。

南明奈さんは子宮内膜症であることが判明し、それでも手術や投薬治療を行い懸命に妊活を続けていました。

決して妊娠して無事に赤ちゃんが産まれてくることは当たり前ではないと改めて思った人も多かったと思いますし、今はゆっくり体と心を休めてほしいですね。