僕の殺意が恋をしたの原作やキャストは?1話のあらすじやネタバレ・視聴率は?漫画動画は

ドラマ

2021年7月4日にスタートしたドラマ『僕の殺意が恋をした』

主演を中川大志さんが演じ、新木優子さん藤木直人さん水野美紀さんなど豪華俳優陣が出演していますね。

『僕の殺意が恋をした』第1話が放送されましたが、あらすじやネタバレについて気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで、視聴率や原作についても一緒に、『僕の殺意が恋をした』第1話のあらすじやネタバレについて紹介していきます。

僕の殺意が恋をしたの原作は漫画動画?

2021年7月4日にスタートした、中川大志さん主演のドラマ『僕の殺意が恋をした』

同作品は身体能力とルックスが100点であるものの、殺しの能力が0点でとにかく間の悪い殺し屋が、標的を殺すどころか恋をしてしまうスリリング・ラブコメディですね。

間の悪い殺し屋・男虎柊を俳優の中川大志さんが演じており、ヒロイン・鳴宮美月を女優の新木優子さんが演じています。

今後どんな展開が巻き起こっていくのか注目のドラマですが、ネット上では「原作は漫画動画?」と話題になっていました。

そこで、『僕の殺意が恋をした』の原作を調べてみると、同作品は原作漫画や小説はなく、脚本家による完全オリジナル作品ですね。

気になる原作と噂になっている漫画動画についてですが、こちらは『僕の殺意が恋をした』の世界が初回放送前に味わえるものとなっていました。

原作というよりは、初回放送前に予習画できるものということですね。

ちなみに、漫画動画を制作したのはYouTubeチャンネル『エモル図書館』の人たちでした。

気になる動画はこちら。

間が悪すぎる殺し屋。標的の女を助けて…一目惚れ!?マンガで分かる新日曜ドラマ【ボクの殺意が恋をした】の世界。

同作品がどんなドラマなのか分かりやすく表現しているので、気になる人はぜひチェックしてください。

僕の殺意が恋をしたのキャストや人間関係は?

ここでは、『僕の殺意が恋をした』のキャストや人間関係について見ていきましょう。

まず、簡単にキャストをまとめてみました。

  • 男虎柊/中川大志さん
  • 鳴宮美月/新木優子さん
  • 八乙女流星/鈴木伸之さん
  • 水瀬千景/田中みな実さん
  • 風岡樹生/中尾明慶さん
  • 江村隼也/永田崇人さん
  • 皆川真希/小西はるさん
  • 大竹千尋/吉住さん
  • 綿谷詩織/水野美紀さん
  • 男虎丈一郎/藤木 直人さん

まず、『殺し屋組織SOS』に所属しているのが、男虎柊(中川大志)・男虎丈一郎(藤木直人)・綿谷詩織(水野美紀)です。

丈一郎は清掃会社の社長で伝説の殺し屋、柊の育ての親でもあります。

丈一郎と詩織は仕事仲間でありSOSの責任者。

柊は良き相談相手として、詩織を頼っていますね。

そして、殺しの標的である人気漫画家の鳴宮美月(新木優子)に対して、柊は恋心を抱いてしまう展開になるのではないでしょうか。

そんな美月の仕事仲間として信頼しているのが、チーフアシスタントの水瀬千景(田中みな実)

そのほかにも、美月の担当編集者である風岡樹生(中尾明慶)や、アシスタントの江村隼也(永田崇人)・皆川真希(小西はる)らが登場します。

そして、柊のライバルであり美月を殺したいと思っている人物が、人気モデルで殺し屋『デス・プリンス』の八乙女流星(鈴木伸之)

同作品は柊・美月・流星の三角関係がどうなっていくのか、注目されるところなのではないでしょうか。

僕の殺意が恋をしたの1話のあらすじやネタバレ・視聴率は?

ここからは、『僕の殺意が恋をした』第1話のあらすじ・ネタバレを紹介していきます。

男虎柊(中川大志)は幼い頃に両親を亡くし、その後は両親の親友でもあった男虎丈一郎(藤木直人)とともに、清掃員として働いていました。

その頃、人気漫画家の鳴宮美月(新木優子)が取材を受けており、写真撮影のために窓際へ立ちます。

すると、窓の外に人が映り込んで邪魔をしてしまうのですが、その人物が一生懸命窓を拭く柊だったのです。

丈一郎は柊の間の悪さに頭を抱えていました。

その後柊は丈一郎から清掃会社を譲ると告げられ、これまで柊を見守ってきた丈一郎と知り合いの刑事である綿谷詩織(水野美紀)と3人で間の悪さが話題に。

ある日、柊は詩織から丈一郎が何者かに撃たれたと連絡を受けます。

突然の出来事に柊は混乱していました。

テレビで丈一郎の死が報道されると、死因は転落事故となっていました。

これは詩織が事故死として処理するように指示していたのです。

ここで詩織は、丈一郎から口止めされていたある秘密を柊に打ち明けます。

警察には通称SOSと呼ばれる極秘の殺し屋組織があり、丈一郎はSOSに所属する殺し屋だったのです。

そして、詩織はSOSの責任者。

そこで詩織は、丈一郎は裏組織の人間で、鳴宮美月に殺されたと告げます。

詩織は自分が美月を始末すると言ったものの、柊が仇を打つことを近い殺し屋になることに。

美月のいるパーティーにいき、銃で殺そうとした柊だったが、間が悪く美月に変態と言われてしまいます。

柊は案内係の役を演じ、殺し屋計画が失敗。

つぎに注射針で殺そうと試みるものの、みつきの頭上にあったシャンデリアが落ちそうになり、思わず美月を助けてしまいました。

美月には「抱きつきたかっただけなんでしょ」と言われるものの、美月のチーフアシスタントである水瀬千景(田中みな実)からお礼を言われ、間が悪くまたしても失敗。

そこで、柊は落ちてきたシャンデリアからイヤリングを見つけました。

帰宅した柊は、詩織から『デス・プリンス』というフリーの殺し屋・八乙女流星(鈴木伸之)も美月の命を狙っていることを告げられます。

柊は再び美月を殺すために、美月の家へ向かいました。

銃を持ち家に侵入した柊は、寝ている美月に引き金を引こうとしますが、突然物音が。

美月の部屋にボールがあり、それは流星が落としたものだったのです。

そのボールがどんどん膨らんでいくと、アルマの火を見つけた柊は過去に丈一郎から教わった化学反応を思い出し、爆発を避けるためにアロマの火を消します。

そこで非常ベルがなると美月は目を覚まして屋上へ行きますが、手すりに手をかけようとすると手すりが壊れて下に落ちてしまいそうに。

とっさに柊が手を差し伸べると、「なんでアンタがここにいるの」と美月に言われます。

柊は「これを届けに」と言い、拾ったイヤリングを渡しました。

ここで美月から「私のボディガードになって」と告げられるのでした。

『僕の殺意が恋をした』第1話を見た視聴者からは、「面白かった」という声が多数見られました。

気になる視聴率は5.8%スタートでしたが、今後さらに注目されていくのではないでしょうか。

まとめ

今回は、ドラマ『僕の殺意が恋をした』第1話のあらすじやネタバレ、キャストや原作などについてまとめました。

同作品は完全なオリジナルストーリーであり、今後どんな展開となっていくのか注目されていますね。

第1話では中川大志さん演じる男虎柊の間の悪さと、新木優子さん演じる鳴宮美月のきれいさが話題になっていました。

そんな『僕の殺意が恋をした』の今後の展開にも、注目していきたいですね。

 

僕の殺意が恋をしたをみがしたら hulu

コメント