深田恭子の適応障害とは?パニック障害?復帰した芸能人は?

エンタメ

女優の深田恭子さんが、適応障害と診断を受けたことで、当面の間芸能活動を休止することになりまひた。所属事務所のホリプロざ書面で明らかにしました。

私は深田恭子さんが昔から好きだったので、最近やつれていて表情もどこか悲しげだったので無理しているのではないのかな?

と感じでいました。とても辛いと思いますがやっとお休みを取れて安心しています。そんな深田恭子さんの適応障害についてお話していきたいと思います。

深田恭子適応障害とは?パニック障害なの?


深田恭子さんは昨年の春頃から体調を崩してばかりで、今月に入り医師から適応障害と診断された、とのことです。「当面の間、治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。」とコメントしました。予定されていた7月のフジテレビ連続ドラマは降板することになったそうです。

https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202105260001012_m.html?mode=all

適応障害とはどのような病気かといいますと、ストレスを要因として引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態が、適応障害になります。

また、要因となるストレスについては、職場の人間関係、親の離婚、失恋、子供の自立、夫婦間の葛藤などの一時的なものから、持続的なものまで幅広いといいます。

具体的な症状は、抑うつ気分、涙もろさ、絶望感が見られたり、不安感につきまとわれ、物事に過敏になったり、心配になったりしてしまいます。仕事や学業に困難が生じ、欠席や不登校になる場合が高くなります。

関係者によると、深田恭子さんは入院はせず、通院治療をしていくとのことです。医師から仕事を休んで治療した方が良い、との進言があり決断に至ったそうです。

今は復帰のことより治療に専念とのことです。

深田恭子の適応障害とパニック障害の違いは?

適応障害は上記に書いた内容通りの病気になります。薬物療法だけではなかなか症状がおさまらず、原因となるストレスから離れるなどの調整が必要になります。

パニック障害との違いとはなんなのかが気になりますよね。

パニック障害とは、突然のめまいや緊張、強い不安感などに襲われた経験があり、収まった後も症状が頻繁に現れるので、いつ現れるかと不安感を強く抱いたり、症状が出た場所に行くと、また同じことになるかもしれないといった状態をパニック障害といいます。

パニック障害を放置しておくと、うつ病になってしまいますので早めに病院で治療をしましょう。

2つの症状はほぼ似ています。

めまいや動悸、不安感、呼吸困難などの自律神経の症状が特徴で、特に狭くて閉じられた場所、満員電車や混雑している車道などで突然起こることが多いです。

治療方法は、精神安定剤などの薬物療法か認知行動療法という、発作のメカニズムを学び、発作が起こらないように自分自身でコントロールするという治療法もあります。

パニック障害だった星野源やIKKOは復帰できている?

King&Princeの岩橋玄樹さんやSexyZoneの松島聡さんなど、芸能人が相次いで休業した原因が、パニック障害です。ストレスなどが関係するため、コロナ禍での不安な日々は、かなり発症しやすい環境になっています。

パニック障害は1人で治すのは難しいので心当たりがある人はすぐに受診をするのがおすすめです。

そんなパニック障害から立ち直った著名人たちがいるのです。

今、新垣結衣さんと結婚で話題の、星野源(40)さんです。星野源さんは小学校3年生の頃、いじめがきっかけに発症してしまいました。精神科に通院し、安定剤を服用していましたが、高校生になっても症状は改善されず、不安神経症にまで症状が進行し、遂には家から外に出ることもできなくなってしまったそうです。

立ち直るきっかけとなったのは、植木等さん率いるクレイジーキャッツの名曲「だまって俺についてこい」だったそうです。

そんな星野源さんの現在幸せなニュースが見れて本当に良かったな、と思いますよね。

そしてもう1人は、IKKO(59)さんです。普段はとても元気いっぱいなIKKOさんですが、経営するヘアメイク事務所が多忙だった2001年に発症してしまいました。

テレビ出演後に症状が暖和しました。「どんだけ~」の指振りは、手の震えから生まれたそうです。辛かった時の症状をあえて笑いに変えるIKKOさんは素敵な方ですよね。

他にも、中川家の剛さんや長嶋一茂さんも復帰しています。

皆さんが少しでも再発しないように、これからは幸せいっぱいな生活を送って欲しいですよね。

まとめ

深田恭子さんの適応障害、そしてパニック障害についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

いつ誰がなってもおかしくないとても恐ろしい病気です。特に今のコロナ禍の中でストレスが溜まっていたり、これからの梅雨の時期には病みやすくなってしまうので、自分自身の体調をしっかりと把握しておきましょう。

少しでも様子がおかしいな、もしかしたら?と思ったら迷わずに病院に行きましょう。

深田恭子さんもずっと芸能生活を続けて疲れてしまっていると思います。復帰を急がずに、ゆっくり休んで欲しいですね。