氷川きよしの昔と現在の顔が違う?学生時代やデビュー当時の画像は?歴史や整形の噂も

エンタメ

 

氷川きよしさんといえば、「きよしのズンドコ節」がでてくるのは私だけでしょうか。

踊りも当時真似していた方が多かったような気がします。

そんな氷川きよしさんが、昔と現在の顔が違うと言われているようです。

また学生時代やデビュー当時の画像があるのかとても気になりますよね。

これから歴史や整形の噂も含めて、詳しく調べていきたいと思います。

 

氷川きよしの昔と現在の顔が違う?学生時代やデビュー当時の画像は?

40歳を超えた今でも変わらぬ歌声とルックスで演歌界トップクラスの人気を誇っていまが、近年は外

見の変化が度々話題になっているようです。

こちらが最近氷川きよしさんがインスタグラムに投稿した画像です。

こちらをみるとまるで女性ですよね。

デビュー当時と顔が変わっているのも間違いないです。

学生時代やデビュー当時の画像で比較してみてください。

   

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はデビュー当時の氷川きよしさんの方が男らしくて好きでし

た。

今の方が好きだって方もいるでしょうけどね。

 

氷川きよしの昔と現在の顔が違うのは整形の噂も

昔と現在の氷川きよしさんの顔はどう見ても違うので調べてみたら、氷川きよしは整形していること

が判明しています。

氷川きよしさんはジェンダーレスと公表されているそうです。

ジェンダーレスについて簡単に紹介します。

「ジェンダーレス」とは、社会的・文化的に求められる性差を表す「ジェンダー」の境界をなくすと

いう考え方のことを示します。 つまり、社会で認知されている「男性らしさ」「女性らしさ」といっ

た区別を取り払うことです。

また、氷川きよしさんの顔が変わった理由は『整形しているから』だけではありません。

2019年12月に氷川きよしさんは自身の『性別』についての苦悩を発言されています。

世間が求める『氷川きよし』の姿とは違う。あくまで『演歌の王道』を歩んで欲しい、男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」

氷川きよしさん自身のジェンダーについての心の葛藤を告白しています。

公表するのも勇気がいったでしょうね。

しかし、自分の好きなように生きるのが1番だと思うので、公表したことで心が軽くなったのでしょ

うか。

これからは自分の生きたいように生きてもらいたいですね。

中には偏見を持つ人がいるかもしれませんが、それはおかしな考えなような気がします。

それはなぜかというと、もし、「ジェンダーレス」だとしても誰に迷惑かけるわけではないとおもい

ます。

 

氷川きよしの歴史やおねえになったのはいつ?

氷川きよしさんが40歳を超え、オネエ化し始めたと話題になっています。

氷川きよしさんがオネエ化し始めたのは、事実です。

そして以前とは打って変わって、外見から行動まですべてがオネエ化しています。

氷川きよしさんは、アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌である「限界突破×サバイバー」という曲

を2017年10月25日にリリースしました。

この曲がめちゃくちゃロック調の歌で、氷川きよしさん自身ビジュアル系の見た目をして歌ったこと

がきっかけで、そのころから徐々にオネエ化し始めたといわれています。

そして、氷川きよしさんのオネエ化に拍車がかかっています。

どうやら言動までオネエ化していると言うのです。

また、2019年8月23日に放送された「スッキリ」に出演した氷川きよしさん。

ズンドコ節を歌いながら登場したのですが、声は以前の氷川きよしさんのままなのに、顔が以前の氷

川きよしさんとは違っていたので視聴者の方はびっくりされた方が多かったようです。

思わず「あたし」と言ってしまったのか、とてもナチュラルにオネエ言葉を発言していたのです。

また氷川きよしさんのコンサートがオネエ化しているとも言われています。

以前はTHE演歌歌手 氷川きよし!というこのような感じの衣装でコンサートを行っていました。

プリンス感が全面に押し出されてますね。

ですが、現在の氷川きよしさんのコンサートは美川憲一さんや小林幸子さんのような衣装を着て行っているのです。

その衣装というのがコチラです。

男性なのにドレスのような衣装を身にまといコンサートを行っているのは、少し不思議に感じます。

このように氷川きよしさんのオネエ化について紹介していますが、これら全てに共通することは見た目であるメイクと髪型などがオネエ化しているということです。

単純に「あたし」と言っているだけなら笑いを取るために言ったのかな?と捉えられたり、コンサートの衣装が女性っぽいのは、男性だけど綺麗な美しいコンサートにしたかったのかな?と捉えられたりしています。

脚の毛がないのは衣装を着るときに邪魔だったからなのかな?と思えるのですが、まず氷川きよしさんの見た目がオネエ化しているので、全てに関してオネエ化していると言えるのです。

まず1に、氷川きよしさんの髪型が可愛らしいウェーブになっていますよね。

男性でこのように可愛らしい髪型の人はなかなかいないと思われます。

そして、よくよく見ると口元にグロスを塗っていることが分かるのです。

このように氷川きよしさんは見た目がオネエ化しているのです。

オネエ化している氷川きよしさんですが、おばさんみたいだと言われているのです。

「演歌界のプリンス」が、おばさんって・・・どのようなことなのか調べてみたところツイッターで、氷川きよしさんがおばさんになっていると話題になっているようなんです。

実際にこのようなツイートを見つけることができました。

特に最近になっておばさんと言われることが多くなってきているようですね。

さらに、2019年9月12日に発売された「週刊文春」では、氷川きよしさんが「お尻が綺麗に見える女性用の下着を愛用している」と語られていたのです。

「化粧品は高級ブランド品で揃え、肌はツルツル。お尻が綺麗に見える女性用の下着を愛用しています。足には自信があるようで、ショートパンツはよく穿いていますね。料理が上手で、家庭菜園で採れた野菜をピクルスにしたり、最近はソースから作るピザにはまっているみたい」

女性用下着。これはもうカミングアウトしているのと同じではないでしょうか。

また氷川きよしさんのマネージャーが掃除をしに氷川きよしさんの自宅に行ったらいろいろなものを発見したといいます。

その1つは、高級化粧品。氷川きよしさんは化粧品をすべて「シャネル」で揃えているようです。

もちろんシャネルは男性用の化粧品は売っていません。

氷川きよしさん女性用の化粧品を使用していることになります。

《基礎化粧品はシャネルで揃えている》

ちなみにシャネルにはメンズラインはないため、氷川は女性が使うコスメを普段遣いしているということになる。氷川の美へのこだわりはそれだけではない。

自宅では女性物のTシャツにピンクのショートパンツという格好をしているのだそうです。

この情報は2014年5月22日に発売された「女性セブン」に書かれていたものですので、かれこれ5年以上前からオネエ化していると言えます。

 

まとめ

今回歌手として活躍されている氷川きよしさんについてまとめてきました。

氷川きよしさんといえば、「きよし!」という掛け声が印象的です。

そんな氷川きよしさんがオネエではないかという疑惑があるようですが、その部分はどちらでも個人の自由だと思うので、自由に生きてほしいですね。