幾田りら(ikura)の胸が炎上!その理由は?年齢や身長がかわいいとコメントも!

エンタメ

「YOASOBI」でikuraという名前で活動されている、幾田りらさんの胸が炎上しているようです。

その理由とはなんでしょうか。

また年齢や身長がかわいいというコメントもあるようなので、これから詳しく調べていきたいと思

います。

 

幾田りらさん(ikura)の胸が炎上!その理由は?世間の声も

幾田りらのカップサイズについては公表されていないため、ハッキリとしたサイズはわかっていま

せんが、ただ、その見た目からおそらくC~Dカップではないかと思われます。

ただ、一部ファンからは「隠れ巨乳」とも言われていて、意外にも見た目以上に大きいことが予想

されているようです。

もしかしたらEカップくらいある可能性もあります。

調べたところ、炎上という感じではなく細いのに胸が意外と大きいという話の感じです。

水着姿が見たいという声は多いようですけどね。

しかし、幾田りらさんはグラビアアイドルではないので水着になることはないと思います。

世間の声は次の通りです。

 

 

幾田りらさん(ikura)の年齢や身長・顔がかわいいとコメントも!

幾田りらさんは2000年9月25日生まれの現在21歳です。

身長は公表はされていませんが、おそらく150cm~152cmくらいかと思われます。

小柄で女性らしいですね。

そして顔がかわいいと注目されています。

こんな声があがっています。

また笑顔が好きという方も多いようです。

簡単にですが、プロフィールも紹介します。

名 前:幾田 りら(いくた りら)

別名義:ikura

誕生日:2000年9月25日

出身地:東京都 (0歳~3歳までをアメリカのシカゴにて過ごす)

家 族:4人兄弟の末っ子

職 業:シンガーソングライター

担当楽器:ボーカル、ギター、トランペット、キーボード

音楽の道に進んだきっかけ:家族の影響で幼い頃から音楽に触れ、次第にシンガーソングライターへの道を志すようになりました。

東京都の出身ですが、0歳~3歳の頃は親の仕事の都合上アメリカのシカゴで育てられていた幾多りらさん。

幼少期から音楽というものが常にそばにあり、お父さんがギターを弾くなど音楽好きの家族に囲まれていたそうです。

夜遅くまで寝る直前まで、小さいころから寝てるとき以外は歌っていて、ソファーやタンス・ハシゴの上などでお母さんの化粧品のボトルをマイクにして歌っていたのだとか。

小さな頃からマイク付きで歌うほど歌が本当に大好きで、物心ついたときからずっと歌手になりたかったそうです。

ちなみに歌手になりたいと思ったのは、幾田りらさんが11~12歳くらいの頃だそうです。

お父さんがお母さんに対し「ホワイトデーに曲をプレゼントしたいから、バレンタインデーは歌詞を作ってほしい」と頼み、お母さんが歌詞を作って、お父さんがお返しで曲をプレゼントするという光景を見たことがきっかけだそうです。

子供の時からの夢が叶うというのは本当に素晴らしいことですよね。

そして幾多りらさんは小学6年で初めて作詞作曲をしています。

12歳という若さで1つの音楽を作ることができるというのは、才能でしかありません。

その後、中学3年からは本格的に活動を開始します。

 

・幾田りらさん(ikura)の私服もかわいい!画像も

幾田さんのファッションにも、注目が集まっています。

全体的にナチュラルで女性らしい印象の服装が多いです。

また癒し系で可愛い雰囲気を漂わせているので、ふんわりとした素材の服装がよく似合うと思いま

す。

私服の画像を紹介します。

    

違うタイプのコーディネートになりますが、とても似合っていて可愛らしいですね。

個人的にフェミニン系の服装も似合うような気がします。

 

幾田りら(ikura)の仕事はYOASOBIのボーカル!経歴や有名な曲は?

3歳まで海外にいた幾多りらさんは小学6年の頃からギターで作詞作曲をしており、12歳にして引き語りをマスターしています。

そして中学3年生の時から本格的に活動を開始しています。

2016年1月~2月 当時16歳の時には、Sony Musicが主催する新人アーティスト養成講座「the LESSON」へ四期生として参加しており、2016年8月26日には、1stデモ・アルバム『15の想い』をリリースしています。

その後2017年7月当時17歳の時には、上記でも紹介した通り個々で活動する日本のシンガーソングライターたちによるアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入し、「ぷらそにか」では、ボーカル、ギター、トランペット、キーボードと数多くの楽器を担当しています。

10代の頃から幾多りらさんはバラエティ番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」に出演したり、レコ発企画ライブを開催し1stミニ・アルバム『Rerise』をライブ会場限定で発売したりと、音楽活動に専念します。

2019年7月2日には幾田りらさんがスキマスイッチの「全力少年」をカバーした東京海上日動あんしん生命保険のテレビCMがオンエア開始されており、CMデビューも果たしているのです。

そして2019年11月にボカロPのAyaseと共に「小説を音楽にする」ユニット「YOASOBI」を結

成され、「ikura」名義でボーカルを担当されています。

また翌月リリースした同ユニットの1stシングル「夜に駆ける」は、累計再生回数がストリーミン

グ、MVで1億回再生を記録し、大ヒットしました。

カラオケでも数多く歌われている曲かと思います。

 

まとめ

今回歌手として活躍されている幾田りらさんについてまとめてきました。

YOASOBIとして絶大な人気を誇っているので、ファンの方もおおいかと思います。

また幾田りらさんを知らない方でも音楽を一度は聞いたことがあると思います。

小さな頃から音楽の才能がとてもあり、生まれつきの才能なのかなと思います。

また私自身YOASOBIの曲は好きなので、今後も新曲がとても楽しみです。

さらに主演を上野樹里がつとめるドラマ「レンズ」。

結婚願望の薄いヨガインストラクターの主人公・杏花が、妻に先立たれ活力を失いかけていた父・林太郎と共に、父娘2人で“ダブル婚活”にチャレンジする物語。

突如始まったダブル婚活をきっかけに、「誰かと共に生きること」を一生懸命に考える娘と、「第二の人生」へと向かう父の“現代の結婚観”を描くオリジナルラブストーリーの主題歌をYOASOBIさんが務めることが決定したようです。

こちらは新曲になるのでぜひみなさんチェックしてみてください。