伊原六花の本名や韓国出身?現在の仕事や高校時代・バブリーダンスも

エンタメ

 

高校時代に、「バブリーダンス」で注目を集めて、様々なメディアで取り上げられ芸能界デビュー

した伊原六花さん。

本名や出身が気になるところですが、韓国という話があるようです。

真相はどうなのでしょうか。

これから現在の仕事や高校時代のバブリーダンスも含めて、詳しく調べていきたいと思います。

伊原六花さんの本名や韓国出身?プロフィールも

伊原六花さんが韓国人と言われているのにはいくつかの理由があるようです。

特に芸名や本名に関する部分で伊原六花さんを韓国人だと疑っている人が多いようですね。

まず、芸名である伊原六花さんの「伊原」が韓国人に関係があると考えているようで、どうやら在

日韓国人の通名で伊原という名前がよく使われているそうです。

また本名でもそう思われてしまったようですが、デマの可能性が高いですね。

これからプロフィールを紹介します。

芸名:伊原六花さん

本名: 林 沙耶さん

生年月日:1999年6月2日

年齢:22歳

出身地:大阪府大阪狭山市

身長:160cm

血液型:A型

事務所:フォスター

4歳から習い始めたバレエを通じて体で表現する楽しさを知り、小学2年生の時に観た友だちの友だ

ちが出演する舞台をきっかけにミュージカルに興味を持って、2008年から2012年にかけて「子ど

もミュージカル」でコーラスとダンスのレッスンを受けるなど演劇の習い事をはじめました。

そして、2012年、劇団アークス主催のミュージカル『ズボン船長〜Fifi & the Seven Seas〜』の

オーディションに合格し、2013年から2年間劇団アークスに所属して同作品でジョジョ姉役を演じ

ています。

さらに2015年から2017年にかけては、沖縄発祥の舞台芸能「現代版組踊」にも取り組んでます。

2015年4月、大阪府立登美丘高等学校普通科に入学し、振付師のakaneが指導する同校ダンス部に

所属され、キャプテンとして数々の大会で優勝を飾り、2017年8月に「日本高校ダンス部選手権」

で発表した自身がセンターを務める「バブリーダンス」が注目を集めて、様々なメディアで取り上

げられました。

また高校卒業後は東京の大学に進学してオーディションを受けたいと考えていたところ、高校在

学中に芸能事務所のフォスターによりスカウトされ、2017年10月1日より同事務所に所属されてい

ます。

そして2017年10月1日、「伊原六花」の芸名で本格的に芸能活動を開始し、CMやドラマなど色々

な場面で活躍されています。

 

伊原六花さんの現在の仕事はダンス?CM出演も?

大阪府立登美丘高等学校普通科を卒業の後、同月末に上京し本格的に女優として活動を開始されて

いるので、ダンスはされていないようです。

現在はドラマや映画の仕事をされていて、歌手デビューも果しています。

そしてCMのほうは、2018年2月にはオーディションを経てセンチュリー21の新イメージキャラク

ター・初代「センチュリー21ガール」に起用され、7月より放送のCMへの出演が決定し出演されて

ます。

こちらがそのCMになるのでご覧ください。

あどけなさが残っているので、新人役にはぴったりでとても良いCMになったと思います。

またはじめてのCMにしては堂々としていて、素晴らしいとかんじました。

 

伊原六花さんの高校時代のバブリーダンスとは?

バブリーダンスとは、バブル時代の女性をテーマに荻野目洋子さんの「ダンシングヒーロー」の曲

に合わせたダンスです。

服装も当時に合わせて、肩パット入りのスーツで完璧でしたね。

とてもキレッキレで、当時話題で真似する人も多かったです。

その時のダンスがこちらです。

このダンスでセンターで踊っているのが 伊原六花さんです。

大阪府立登美丘高校のダンス部は、色々な大会に優勝するなどすごいダンス部だったようですね。

そんなダンス部のキャプテンをされていたので、伊原六花さんのダンスの実力がわかります。

また4歳からバレエを習っていたようなので、体のやわらかさがダンスにも役にたったのでしょう

ね。

ダンスは体が硬かったら上手くならないと思います。

さらに「ダンシングヒーロー」のようなキレッキレのダンスなんて体が柔らかくないと当然無理で

す。

あのダンスが流行った時に私も真似をしてみましたが、全然ついていけませんでした。

また真顔で踊れるのが素晴らしいと感じました。

 

伊原六花さんは小芝風花さんに似てる?比較と世間の声も

しっかりとした眉毛と、大きな目が似ていますね。

またまつ毛がパッチリとしている印象的な目がよく似ていて、顔の輪郭も似ているので横顔もそっ

くりに見えます。

なかなか区別がつかないような気がします。

世間の声はこんな感じです。

 

やはりみなさん同じように似ていると感じているようですね。

きっと全体的なパーツが似ているのだと思います。

ファンの方なら当然見分けはつくと思いますが、もし2人が並んでいてどっちがどっちと聞かれた

ら答えられない自信があります。

よく自分にそっくりな人は3人いるといいますが、少し似てる人も含めたらたくさんいそうな気が

します。

例えば髪型が一緒でメイクも体型も同じだったら、似てくると思います。

なので若い子は友達同士だと髪型もメイクも似ているので、若い子をみると同じように見えてしま

います。

 

まとめ

今回は伊原六花さんについて調べてきました。

当時の「バブリーダンス」はほんと話題になり、人気がすごかったです。

またSNSやYouTubeなどで踊っているところを投稿している人を何度も見かけました。

当時をあそこまで再現して踊っていたのをみて素晴らしいと思いました。

わたしもバブル時代は知りませんが、伊原六花さんたちはもっと知らない中、調べてあそこまで再

現までしてやる気もとても感じました。

そしてセンターでキャプテンをしていたこともあり、業界の方の目にとまりスカウトされて芸能界

デビューされています。

まだ22歳という若さなので、これからどんどんのびていくような気がします。

今後どんな作品に出演されるのか楽しみに待ちたいと思います。