加藤ローサが女優復帰?復帰理由は?昔のCM(ゼクシィ)やドラマが懐かしい

エンタメ

 

女優として活躍されている「加藤ローサ」です。

まだそんなにメディアでみる機会は少ないですが、加藤ローサさんが女優復帰という話があるよう

です。

また復帰理由が気になるところですね。

さらに昔のCMゼクシィやドラマが懐かしいと思いますので、調べていきたいと思います。

 

加藤ローサさんが女優復帰?復帰理由は子育てが落ち着いた?

現在放送中のNHKのよるドラ『きれいのくに』が、その不思議な物語性から大きな反響を呼んでいます。

内容としては、美容手術が当たり前となり、皆が同じ顔になってしまった時代で、その後、美容手

術は禁止になり、それぞれ違う顔をした若者たちは、“周囲の大人は皆同じ顔”という歪な世界で、

変わらず恋をし、悩み、心揺れ動いているという感じです。

その、皆が美容整形した“同じ顔”というのが、加藤ローサさんの顔なのです。

復帰理由について次のように答えてます。

「『きれいのくに』のプロデューサーの方の『これまでにないドラマをつくりたい』という熱意に共感し、私も一緒にチャレンジしたいと思ったんです。
そして実を言うと、家庭内での私の地位を上げるため、というのも大きな理由だったかもしれません。というのも子供たちは、何でも私にやってもらって当たり前、という感覚になっていたんです。『お箸取って』、『ママ、おかわり』、『パジャマどこ?』と……。当然、洗濯もゴミ出しも全部お母さんがやるもの。でも『それは違うよ!』という私のモヤモヤが大きかったんですよね。

たとえば上の子供は電車とバスに乗って通学をしているんですけど、よく忘れ物をするんです。
そのたびに私が取りに行くんですけど、バスに忘れ物をしたときは悲惨で。忘れ物の集積所がかなり都心から離れたところにあるので、半日仕事になってしまうんです。でも長男は、私が暇で、忘れても簡単に取り戻せるものと思っているから、いつまでたっても忘れる癖が直らない。
だから私が忙しくなれば、『僕が用事を増やしているとママがパンクする!』と気づくかな、と。私も何でもやってあげ過ぎていたのが良くなかったんですけど、子供たちに、『自分でできることはないか』『自分でできることはやろう』という意識を持つようになってほしかった、という思いもあったんです」

実際、加藤さんがドラマの撮影に行くようになってから、徐々にではあるけれど、子供たちに変化

が見え始めたと言います。

やはり子供も親がいると甘えちゃう部分がありますが、親が仕事して忙しいとわかると自分でやる

ようになるので子供の成長の為にはよかったのかもしれないですね。

そして加藤ローサさんは、2人の子供をもうけ、子育てに専念するため所属していた事務所も退所

し、完全に、芸能の仕事からは退いてしまっていたのです。

なので本人は地上波ドラマのオファーなんて、もう二度といただけないと思っていたようです。

専業主婦になって10年も経っていたし、諦めかけていたので本当に嬉しかったそうです。

 

加藤ローサさんのデビューはオーデション?経歴も

加藤ローサさんは、高校1年の時に横浜に住む従姉妹に誘われて受けたオーディションをきっかけ

に、ファッションモデルとしてデビューされています。

そして、2004年に出演したリクルートの結婚情報誌『ゼクシィ』のCMで注目を集めます。

さらに2004年4月よりNHK教育テレビ『イタリア語会話』等にレギュラー出演してタレントとして

活動を開始し、女優としても2005年1月公開の映画『東京タワー Tokyo Tower』で映画デビューを

果しています。

また出身中学校は鹿児島市立皇徳寺中学校出身です。

こちらの学校には「AKB48」のメンバーである柏木由紀さんも通っていたそうで、柏木由紀さんは先輩である加藤ローサさんについて「代々語り継がれるほどの美少女だった」と明かしていました。

中学時代の加藤ローサさんは「ぼーっと、ずーっと、だらーっと生きてるだけだった」とし、国語の先生に「あなたは死んだ魚のような目をしていますね」とよく言われていたそうです。

中学校卒業後は、鹿児島県立鹿児島西高等学校に進学しました。

こちらの学校は、甲陵高等学校と統合したため、2012年3月に閉校しています。

 

 

加藤ローサさんの昔のCM(ゼクシィ)が懐かしい

こちらが注目をあびたゼクシィのCMになります。

今も可愛らしい加藤ローサさんですが、この時はもっと若かったのでとても可愛らしく素晴らしい

CMでしたね。

加藤ローサさんを一躍有名にしたことでも知られるCMです。

またゼクシィCMの影響力の高さが伺えます。
ニコッと笑う表情が透明感があってとってもかわいいですね。

またこんなCMに出てくれるといいなと思います。

 

加藤ローサさんの昔のドラマが懐かしい

加藤ローサさんは2007年7月スタートのドラマ「女帝」にて連続ドラマ初出演されました。

「女帝」というドラマなだけあって、前髪を全部あげているのでこの時は大人っぽく見えるような

気がします。

そして2019年には、FODオリジナルドラマ「地獄のガールフレンド」に出演し、8年ぶりのドラマ

出演されました。

そして2021年に地上波のドラマ「きれいのくに」に10年ぶりに出演されています。

それだけブランクもあったので、プレッシャーも大きかったかと思います。

しかしそれでもやりこなせるのが、プロですよね。

きっとブランクがあいてもやっていくうちに体が思い出すのでしょうね。

他の仕事でもブランクがあいても少しやれば、体が思い出すという話をよく聞きます。

 

まとめ

今回女優として活躍されていた「加藤ローサ」さんについてまとめてきました。

加藤ローサさんといえば、女優だけでなく、CMやバラエティー番組でも活躍されています。

ですが、加藤ローサさんが消えたと噂になったようです。

その理由として「結婚」が大きくかかわっているようです。

子育てのために仕事をセーブして専念できるのは素晴らしいですね。

また今後復帰の予定があるようなので楽しみに待ちたいと思います。

さらに今後の活躍に期待したいです。