清原果耶さんの高校はN高?ドラマやSeventeenで多忙!その他の学歴も

エンタメ

女優として活躍されている清原果耶さん。

今までも数多くのドラマに出演されてきました。

記憶に新しいのは「おかえりモネ」ですね。

そんな清原果耶さんの高校がN高だという噂があるようです。

そしてSeventeenを卒業されたようです。

ドラマとモデルの両立は多忙だったのだと思います。

これから清原果耶さんの学歴も含めて調べていきたいと思います。

 

清原果耶さんの高校はN高?クラーク記念国際高等学校?

清原果耶さんの出身高校を調べてみましたが、情報がありませんでした。

そんなところから通信制の高校だろうと言われているようです。

また清原果耶さんの地元は大阪で、上京して高校に行ったと言われているので都内の学校かもしれないですね。

そして通信制も考慮すると、クラーク記念国際高等学校が一番濃厚のようです。

高校時代から仕事が忙しかったようなので、昼間に学校に行く時間がとれなかったというのも考えられますね。

 

清原果耶さんの高校時代はドラマやSeventeenで多忙だった?

清原果耶さんは高校1年生の時には連続ドラマ「精霊の守り人 最終章」で、綾瀬はるかさん演じる主人公の少女時代を演じました。

また「死弊-DEATH CASH」で松井珠理奈さんの妹役を演じました。

他に川栄李奈さんも出演されていたドラマで、紙幣を使うと死んでしまうという少し怖いドラマだったようです。

そして高校2年生になって「透明なゆりかご」で連続ドラマ初出演されています。

こちらのドラマは他に瀬戸康史さんや水川あさみさんが出演されていました。

「透明のゆりかご」に出演された後、清原果耶さんは視聴さんへ向けてこんな言葉を残されています。

今回、主人公の青田アオイを演じさせていただいた清原果耶です。

全10回。
無事に完走出来たことを
本当に嬉しく思います…!!

ひとつひとつ、丁寧に作られたお話たち。

どのお話にも
きちんと向き合ってこられたのは
この作品に携わって下さった方々の
暖かさに触れながら撮影出来たからだと、しみじみ思います。

そしてそのおかげで
不安やプレッシャーは早いうちに無くなり、

どうしたら観て下さる皆さんの心に響くのか。

命について考えるきっかけになれるような作品を作れるのか。

ということを
考えながら過ごした日々は本当に貴重なものになりました。

老若男女問わず、出来るだけ多くの方々に
知っていてほしいと思えるような
素晴らしい作品だと、誇りを持って言えます。

これからもずっとずっと
この作品を温め続けたいな。というのが
今の私の想いです。

ドラマが最終回を迎えても
なんだか全く最後という実感が湧かなくて。

でもそれは命について考えることに
終着点がないからだと思いました。
そう思った時、

あ、最後だと思えなくて当たり前なんだ

と考えられるくらい
必死に嘘をつかずにこの作品に熱を注げていたんだと再確認できた気がします。

たくさんの方々から反響をいただいて

皆さんのそれぞれの心に寄り添える
かけがえのない作品になれたのかな、
そうなっていればいいな。と願うばかりです。。

 

ファッションモデルの方では高校1年生の時に「nicola」を卒業し、高校2年生で「Seventeen」の専属モデルとなりました。

さらに高校時代に大手企業のCMにも出演されていました。

高校時代の清原果耶さんはとにかく大忙しで、出演したドラマは7作品、映画は5作品にものぼります。

なので、普通の女子高生ように友達と遊ぶ暇もなかったでしょうね。

 

清原果耶さんの小学校や中学校・大学などの学歴も

清原果耶さんは大阪出身なので小学校、中学校は地元大阪の学校に通われていました。

まず小学校は「大阪市立三津屋小学校」です。

そして小学校時代はクラシックバレエやミュージカルを習っていたそうです。

もともとperfumeの大ファンで、歌って踊れるようになりたいと思ったのがきっかけだったそうです。

そして中学校は「大阪市立美津島中学校」です。

中学校1年生の時に「アミューズオーディションフェス2014」で、3万2214人の中からグランプリに輝いて、芸能界に入られています。

またオーディションでは「アニー」の挿入歌「トゥモロー」を英語で歌われました。

中学時代は茶道部に入部していたそうで、その理由は、週2回の活動回数だったからだそうです。

やっぱり中学校時代は部活より遊びたいとおもいまが、清原果耶さんはそうではなくてスケジュールの調整が効いて活動回数が少ない部活を選んだようです。

中学生のころから熱心な子だったんですね。

私自身は部活より遊びたかったので帰宅部でした。

そして2020年1月で18歳を迎えた清原果耶さんは年齢的には大学1年生の歳です。

しかし大学に行っているという情報はありません。

なので、大学には行かずに女優業に専念してるのではという声があります。

よく調べたところ、2020年にエランドール賞を受賞した際に、清原果耶さん自身が「大学へは進学しなかった」と明かしていたそうです。

学業と仕事両立するとどうしてもどちらかがおろそかになってしまう為、女優業1本で頑張りたくて大学は行かなかったのではないのかなと思います。

 

まとめ

今回はは清原果耶さんについて調べてきましたが、若いころから実力の女優さんなんだなと感じました。

まだ18歳と若いので、これからの活躍に期待しながら応援したいと思います。

もっともっと立派な女優さんになることを願っています。