間宮祥太朗の野球の経歴は?始球式の動画やドラマは?ファンの声も

エンタメ

間宮祥太朗さんは1月11日に放送が開始された、火曜日10時枠の「ファイトソング」に出演され

ています。

その間宮祥太朗さんの野球の経歴はどのくらいなのでしょうか。

また始球式の動画やドラマが気になりますね。

これからファンの声も含めて、詳しく調べていきたいと思います。

 

間宮祥太朗さんの野球の経歴は?高校時代は辞めた理由は?

間宮祥太郎さんは小学1年生から地元少年野球チームに所属しています。

そして中学は親に中学受験を自ら懇願し、野球をやる為に私立法政大学第二中学校に入学していま

す。

とても野球に力を入れている学校なので選んだのでしょうね。

そして1年生から試合に出られるような実力の持ち主でした。

その後先輩にモデルに誘われたそうです。

あのルックスの良さなら先輩も誘う気持ちが分かります。

そして雑誌の写真が関係者の目にとまり、中学3年生で俳優デビューしています。

その為、間宮祥太朗さんの野球の経歴は中学校3年生までになります。

間宮祥太郎さんが、野球を高校以降辞めた理由は、 同じポジションに真逆の性格の練習熱心なチー

ムメイトがいて、野球にかける情熱の差を痛感したから辞めてしまった のだそうです。

間宮祥太朗さんは自分の野球への情熱を同級生を通して客観的に見たときに、この道ではないとお

もったのでしょうね。

間宮祥太朗さん曰く「挫折ではなく方向転換」と話されています。

 

間宮祥太朗さんの始球式の動画やファンの声は?

こちらが始球式の動画になります。

https://twitter.com/gomezcat5/status/1153585891035639808?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1153585891035639808%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fnews-bomb.com%2Fentertainment%2F15852

なんと139キロを記録して、芸能人最速を更新したようです。

現役でもないのにすごい腕前ですね。

プライベートで野球をやっているのでしょうか。

そしてファンの声は、『中学生までで139キロってすごいな』『本格的な練習を続けてたら、とん

でもない投手になっていたかも』『なんで野球辞めちゃったの?』などの声が上がっています。

野球選手になっていたらどんな感じだったかも気になりますね。

きっと凄い選手になっていたと思います。

 

間宮祥太朗さんがドラマで野球選手(球児)で出演してた

2014年放送された「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」に出演されて

いました。

岡留圭役として高校球児を演じています。

嵐の二宮和也さんが先生役で、とても弱いチームでしたが生徒の卒業と同時にその学校を去る、青

志先生の言葉が感動ものでした。

見ながら号泣しました。

こちらがそのときの言葉です。

「伊勢田、誰かに友情を感じることがあったとしても、それを守ろうと行動できる人間はなかなかいない。かっこいいぞ」

「光安、野球が楽しくてたまらないいい顔をしていたぞ。だからこれからもおまえは城徳野球部のためにいい顔でいつづけろ」

「志方、おまえはおまえでこの野球部に根をはったんだ。自分をさらけ出すことで、こんなにも多くの仲間を作ることができたじゃないか」

「牛丸、おまえは誰にでも同じだけ優しくすることができるから、いつも後ろの方でみんなのことを見守ってたよな。おまえのその誰にでも同じだけ優しくできる気持ちに、俺は教えられたんだ」

「樫山、無駄だと思って避けるんじゃなく、効率よく無駄と向き合うことで、無駄はもう無駄ではなくなるんだ。だからこれからも無駄だからと言って避けるんじゃなく、おまえの効率の良さで無駄としっかり向き合ってくれ」

「亀沢、みんながおまえが担っていた役割を少しずつ少しずつやりくりするようになって、野球部は変わった。おまえのおかげなんだよ」

「岡留、俺は無敵だって誰に言ってたんだよ。俺はさ、自分自身に言っているとしか聞こえなかった。過去にこだわることを悪いことだと言う奴もいるけど、こだわったからこそ前に進めることだってあるんだよ。おまえはその一歩を踏み出せたじゃないか。だからこそおまえは強くなれた」

「江波戸、キャッチャーというポジションはまさに適任だったんだ。あのポジションは、唯一みんなの顔を見ながら守ることができるポジションなんだ。つまり、みんなの思いや気持ちをダイレクトに受け取ることができる人間しかできないポジションだったんだ」

「白尾、おまえなんだ。城徳がここまで来れたのは。でもな、その言葉を誰よりも嘘にしないように頑張ったのは白尾だ。孤独だったろうし、辛いこともあったと思う。けど、いつもと変わらず笑って『おう!』って言うおまえに、俺たちは何度も助けられたんだ。ありがとう」

「赤岩、俺はおまえが言った『野球はヘタだけど得意です』という言葉が忘れられないんだ。これから何か決断するときは今みたいに振り返れ、支えてくれた人たちを思い出して、感謝するつもりで決断をしろ」

「柚子、おまえは夢を大きく見るくせがあるから、その現実を知ったときに受けるショックもまた大きいんだ。でもさ、それでいいんだ。そうやって人は大きくなっていくんだろうし、その経験をこの野球部のみんなと分かち合うことができたんだ。だから、おまえはどこに行っても大丈夫だ。それと、俺を野球部に誘ってくれてありがとう」

「俺は野球が大好きだ。こんなにも素直に言える日が来るなんて思わなかった。俺の後悔は、今やっとちゃんと過去になったんだ。それはおまえたちのおかげだ。おまえたちに出逢えてよかった。おまえたちのことが大好きだ。本当にありがとう」

生徒1人1人に向かって泣きながら言っていた、二宮和也さんの演技は素晴らしかったです。

みんな泣いていて涙なしでは見れないドラマでした。

まとめ

間宮祥太朗さんは中学校で野球を辞めているのにも関わらず、始球式で139キロと芸能人最高記

録をだしたようです。

イケメンで、運動神経も良くて、演技力もありいう事ない方ですね。

これからも応援したいと思います。