松本明子はラジオで放送禁止用語で干されたが、その後バラドルで大人気に?

エンタメ

 

松本明子さんのデビュー時のキャッチコピーは「アッコ、とんがってるね」で知られています。

しかし、ラジオで放送禁止用語を言ってしまって干された過去があるようですね。

そして、その後バラドルで大人気になったという話があるようなので、これから詳しく調べていきた

いと思います。

 

松本明子さんはラジオで放送禁止用語を発言で干された?

松本明子さんは放送禁止用語事件をきっかけに約2年間干されたことがあります。

どんなことを言ってしまったのかとても気になるかと思います。

この事件は1984年に放送された「オールナイトフジ」と「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」の

10周年記念合同生番組で起きたようです。

その言葉はなにかと言いますと、次の通りです。

連呼した放送禁止用語とはズバリ「おま◯こ」です。

女性の大事な部分のことを、しかも編集のきかない生放送で言ってしまったというのです。

よく調べたところ、この番組は生放送で、放送中司会の片岡鶴太郎さんと笑福亭鶴光さんに彼氏の名

前をばらされそうになり、「マイクに向かっておま◯こと言え」「言えば一躍人気者になれる」など

と言われ4回も叫んでしまったみたいですね。

松本明子さんからしたら、名前を言われたくないので言ったのだと思いますが、だとしても言葉がよ

くなかったと思います。

もし子供が見ていたらかなりの悪影響になります。

また親が子供に質問されたら、答えに困ってしまうのではないか。

大人なので少しは言葉を考えて言葉を発した方が良かったというのが感想です。

まだ高校生だった松本が生放送の番組で放送禁止用語を叫んだ当時は、まだ高校生だった松本明子さんでした。

どうやら自分のことしか考えない自己中心的な性格が災いし、「よかれと思って」余計なことをやっ

てしまったといわれていたようです。

若かった時の出来事なので、きっとやり直しがきいたのだと思います。

今の年齢ではいうはずがないとは思いますが、もう終わりでしょうね。

 

松本明子さんが干された後はバラドルで人気アイドル?

今でこそバラエティー色の強い彼女ですが、あの事件を起こすまでれっきとしたアイドルでした。

事件後は、決まっていたスケジュールがすべて白紙になってしまったようです。

そして、謹慎明けはまったく歌手から遠ざかって、バラエティー一色だったそうです。

でも、どうしてもしがみつきたかったので、どんなことでもやらせてくださいって頼んだようです

ね。

なんとしても、この業界でやっていきたいという気持ちが強かったのだと思います。

そしてその後決まった仕事が『進め!電波少年』でした。

『進め!電波少年』とは、1992年7月5日から1998年1月4日まで、日本テレビ系列で毎週日曜 22:30

~22:55 に放送された、日本テレビ制作のバラエティ番組です。

番組の内容としては、「見たいものを見る、したい事をする、会いたい人に会う」という3つのコン

セプトの下、アポなし、突撃、ヒッチハイク、さまざまな無茶に挑戦したテレビ史上類を見ない伝説

的バラエティ番組として幅広く認知されていました。

さらにマフィア、暴力団、スラム街までも番組の題材にし、出演者の生命や番組自体の存続にも関わ

る危険なロケも多かった番組です。

私も見ていましたが、視聴率も高く人気な番組だった気がします。

なので松本明子さんも、番組では体をはって頑張っていたと思います。

『進め!電波少年』に出演したことが、松本明子さんにとっては転機になったのかもしれないです

ね。

芸能界も仕事を選んでいたら、生き残るのは難しいのだなと感じました。

そうして、歌から遠ざかっていた彼女が、再び歌に戻るきっかけはコロナ禍でした。

仕事が一気になくなり、スケジュールが白くなって歌を失い、その後歌を取り戻しました。

松本明子さんは 笑いでも、歌でも元気を届けてくれる人です。

笑いもとれて、歌も歌えるなんてすごい方ですよね。

 

松本明子さんの昔はアイドルでかわいいかった

昔の松本明子さんと現在の松本明子さんの比較です。

松本明子は17歳デビューされているので、あどけなさが残っていて可愛らしいですね。

そして、同年にデビューした歌手の同期に、森尾由美さん、大沢逸美さん、徳丸純子さん、桑田靖子

さん、小林千絵さん、THE GOOD-BYEさん、岩井小百合さん、いとうまい子さん、原真祐美さん、

木元ゆうこ さん、井上あずみさんなどがいるそうです。

現在松本明子さんは56歳になるようですが、あまり変わらない様に感じます。

歳を重ねてもかわらないかたは羨ましい限りですね。

 

松本明子さんの現在の仕事やプロフィールも

松本明子さんは、本業の歌手である歌うまを生かして、テレビ東京の人気歌番組「THEカラオケ★バ

トル<プロ頂上決戦!2020夏のグランプリ>」に出場されたりされています。

現在レギュラーで出演されている番組はないようなので、その都度松本明子さんのスケジュールを確

認していただければと思います。

そして、松本明子さんが年を重ねるごとにかわいくなっていると噂があるようです。

その画像がこちらです。

たしかに周りの若い子たちとまざっても、違和感がないような気がします。

若いうちはかわいいのはみなさん当たり前なので、歳を重ねてもから可愛いなんて理想的な歳の取り

方かと思います。

最後に松本明子さんのプロフィールを簡単に紹介します。

名前:松本明子さん

本名:平井 明子さん

生年月日:1966年4月8日生まれの56歳です。

出身地:香川県高松市

血液型:A型

職業:歌手、バラエティアイドル、お笑いタレント、女優

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

松本明子さんは、6歳年下の俳優・本宮泰風さんと1998年に結婚され、1男の母です。

お子さんは22歳になりますね。

そして歌方面では、『ものまね王座決定戦』では松居直美さん・斉藤ルミ子さん・しじみとさざえ

(篠塚満由美さん・松下桂子さん)と共に「女四天王」と呼ばれたようです。

また、1998年に主演したテレビドラマ『サービス』では主題歌も担当されています。

 

まとめ

松本明子さんについて色々と調べてきましたが、デビュー当時は放送禁止用語言ってしまい問題にな

ったということははじめて知りました。

若かったのでやり直しがきいたのだと思いますが、一時期危なかったみたいですね。

いくら若いからと言っても言ってはいけない言葉だったと思います。

松本明子さんは当時の彼氏のことをばらされたくなくて、言えと言われていったみたいです。

たしかに、デビューしたばかりで熱愛報道でたら、人気がでるかでないかに影響はあるでしょうから

ね。

なので、自分を守るために言ってしまったような気がします。

その後、「なんの仕事でもしますから」といって持ち直しました。

松本明子さんの努力がなかったら、もしかしたらその後はなかったかもしれないですね。

笑いもとれて、歌も上手い松本明子さんなので、これからの活躍も楽しみにしたいです。

好きな歌で頑張っていってほしいと思います。