小倉優子はなぜ早稲田大学を受験する?結果や中退しそうなどの噂も

エンタメ

バラエティー番組などで活躍されている小倉優子さんです。

グラビアアイドルとしても活躍されていたのでスタイル抜群です。

そんな小倉優子さんは早稲田大学を受験をするそうです。

早稲田大学は頭の良い大学なので、なぜ受けるのか気になりますね。

今回は受験理由のほか、受験結果やさまざまな噂について紹介していきたいと思います。

 

小倉優子さんはなぜ早稲田大学を受験する?

小倉優子さんは「100%!アピ〜ルちゃん」の番組企画で早稲田大学教育学部を受験することが決まりました。

小倉優子さんは受験企画をスタートさせた理由を次のように語っています。

子供の勉強の勉強を見ていると、知識不足を痛感したから

小倉優子さんにはぜひ頑張ってほしいのですが、なぜわざわざ早稲田大学を受験するのか解説していきます。

小倉優子(ゆうこりん)がなぜ早稲田大学を受験するのかというと、受験科目が少いから、というのが理由の1つに挙げられると考えられます。

小倉優子さんが早稲田大学を選択したのは、講師の西岡壱誠さんに勧められたからです。
その理由を深堀りして小倉優子さんが受験する早稲田大学教育学部の受験科目を調べてみると、3科目(文系なら英語・国語・地歴公民)のみの勉強で合格が可能であることがわかります。

先程も触れたとおり、「100%!アピ〜ルちゃん」の番組企画は1年間の時間的制限があります。
そのため、西岡壱誠さんが早稲田大学の教育学部を推すのは、受験科目が少ないため、多忙な小倉優子さんでも合格が可能であると判断したからだと考えられます。

もしも小倉優子さんが国立大学(東大や京大)を目指すとすれば、「大学入学共通テスト(旧センター試験)」の受験が必要です。
そうなると、小倉優子さんは英語・国語・地歴公民以外にも、数学や理科系の勉強も行う必要があり、到底1年間では合格はできません。

また、小倉優子さんが他の私立大学を選ばなかったのは、教育学部がないことが理由として挙げられます。

例えば早稲田大学と並ぶ名門私立の慶應義塾大学には教育学部がありません。

このように、私立大学に教育学部がある学校は少なく、小倉優子さんは早稲田大学を受けることになったと考えられます。

また、小倉優子さんが教育学部を選択したのは冒頭で紹介した受験のきっかけにあると思われます。
子供の学習指導に対する知識不足を痛感している小倉優子さんは、教育に関係する学部を受験したいと希望したのではないでしょうか。

これらの理由から、「100%!アピ〜ルちゃん」の時間的制約と教育学部を受験したいという小倉優子さんの希望を考えると、早稲田大学教育学部が最も合格しやすく、またテレビ的にも盛り上がるというテレビ局側のメリットもあり今回の企画が実現した可能性があります。

 

小倉優子さんの大学受験の結果の噂や中退しそうなどの声は?

 

まずは小倉優子さんの大学受験の結果についてですが2022年の2月から一年かけて早稲田大学の教育学部の受験に挑戦する模様です。

ですので小倉優子さんの大学受験の結果については2023年の2~3月にわかることになります。

早稲田大学の2023年の受験の合格発表はいつなのかまだ現時点では発表されていませんが
2022年度の合格発表(一般受験)は2022年3月1日に公開されています。

日程として小倉優子さんは文科系(A方式)で受験されることになると思いますので

試験日は2月19日(土)

結果の発表が3月1日となっています。

これが2022年度4月入学者の試験の日程になっていました。

現在まだ2023年の試験の日程は発表されていません。
(2022年の11月頃に発表される模様)
なので2022年の日程から近い曜日と近い日にちで合否の結果が分かる日を予想すると

2023年2月18日の土曜日に試験2023年の3月1日に発表となるのではないでしょうか。

3月1日は2022年も火曜日と平日であったので2023年も3月1日は水曜日という平日ですが同じ日に発表になるのではないかと思われます。

小倉優子さんは番組内の模試で現代文で高得点を獲得していました。

早稲田の教育学部は文系と理系にわかれていて現代文を使うのは文系です。

小倉優子さんは文系の受験をするものと考えられます。

となると文系のA方式での受験になると思います。

内容は

外国語(90分/50点)

次のうちから1つを選択 ①英語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ) ②ドイツ語 ③フランス語
※ただし、英語英文学科志願者は必ず①を選択してください。
国語(90分/50点)

国語総合、現代文B、古典B

地歴または公民(60分/50点)

次のうちから1つを選択 ①世界史B ②日本史B ③地理B ④政治・経済

となっています。

小倉優子さんが英語に国語を勉強しているところをみると確実だと思います。

また小倉優子さんの受験企画が放送された「100%アピールちゃん」。

しかし、番組冒頭の小倉さんは前回の放送で1日15時間の勉強時間をノルマとして与えられていたにも関わらず、1,2週目とも10~15時間ほどしか勉強時間を確保できず、イマイチなスタートになっててしまっています。。

さらに、中学3年生レベルの英語の実力テストを実施した際には、基本的な関係代名詞を知らず25問中18問正解と合格点に届かないなど、かなり厳しい様子が放送されてしまいました。

これを見ていた視聴者からは

《小倉優子早稲田受験、受験を経験した自分からするとなんか舐めてるんじゃないかって思っちゃう。1週間15時間って言うけど、受験生は1日15時間やってる人もいる中でそれでも駄目だったりするし。これで受かったら裏口疑っちゃうかも。》

 

《小倉優子が叩かれてるの「主婦が大学目指してるから」じゃなくて「関係代名詞も知らん奴が週15時間勉強で早稲田行けるわけないだろ。舐めんなよボケ」って感じなわけで。実際は小倉優子というより番組側にキレてる感じだと思う。早稲田を舐め腐ってる感じがして嫌なんだ。》

 

《今小倉優子の受験企画放送してるけど、週15時間の勉強で早稲田だっけ? 直近まで入試してた身からすると、企画した奴が舐め腐ってるとしか思えない》

 

《小倉優子の早稲田めざすテレビみてるけど、そんな簡単に受かってたまるか!イライラしてみてる》

など、小倉さんの勉強時間に少なさや番組の企画自体を疑問視する声などが集中してしまったようです。

 

小倉優子さんの勉強法とは?子育てと両立できる?

今回の大学受験は、あの西岡壱誠さん率いる「チームドラゴン桜」が完全バックアップすることでも注目を集めています。

なので小倉優子さんの大学受験の勉強法をまとめて、合格への道のりを紹介していきたいと思います。

<勉強法ポイントまとめ>

・料理と同じで、勉強も正しい順番で勉強することが大事
・勉強の仕方の癖がつくまでは勉強のアシスタントを付けるとよい
・最低でも週15時間の勉強時間を確保
・現在の自分の実力を知るために実力テストを行い、自分の強みや弱みを把握する
・受験で一番大事なのは「やり抜く力」

タレントとしても3児のママとしても多忙な小倉優子さんにとっては「効率的な勉強法」が必須になるので、初めから効率的な勉強を進めることがとっても重要ですね。

部活動やバイトなどで忙しくて時間が取りにくい人にも同じように効率がとっても大事だといえます。

効率化を図って、質の高い勉強を実践して、ライバルと差をつけましょう。

また、小倉優子さんには現役東大生の西岡壱誠さんが受験を教える人としてサポートしてくれることになりました。

西岡壱誠さんは偏差値35から東大に合格した、今では大学受験請負人として大人気のリアルドラン桜と呼ばれています。

 

まとめ

今回小倉優子さんの早稲田大学受験についてまとめてきました。

早稲田大学はレベルが高い学校なので、仕事に子育て勉強と両立するのはとても大変だと思いますが、頑張ってほしいと思います。