菅田将暉さんは仮面ライダーW!画像や年齢・役名は?桐山漣さんと共演!ジオウに出演しない理由は?

エンタメ

 

俳優、歌手として大活躍している菅田将暉さん。

菅田将暉さんの仮面ライダーwの画像や年齢、そして役名は気になるところですね。

また桐山漣さんと共演したのでしょうか。

さらにジオウに出演しない理由も含めて、詳しく調べていきたいと思います。

 

菅田将暉さんは仮面ライダーWの主役!画像や年齢・役名は?桐山漣さんも主役?

今や俳優として大活躍の菅田将暉さんですが、実は仮面ライダーWに主役として出演していた経験

があります。

当時の年齢は16歳で、歴代仮面ライダー主役で最年少の抜擢だったようです。

仮面ライダーは若手の登竜門と聞きますよね。

役は「フィリップ」でした。

そして桐山漣さんは『仮面ライダーW』の左翔太郎 役だったようなので、桐山漣さんも主役だった

のかと思います。

 

菅田将暉さんと桐山漣さんが主役の仮面ライダーWとは?

 

菅田将暉さんと桐山漣さんがダブル主演していた「仮面ライダーW」とはどのような作品だったの

でしょうか。

まず、「仮面ライダーW」での二人の役柄ですが、桐山漣さんは鳴海探偵事務所に所属する私立探

偵の左翔太郎という役を演じていました。

この左翔太郎はソフト帽がトレードマークで、1950 – 1970年代調のハードボイルドに感化されて

いるという設定でした。

ある日、行き倒れていたもう一人の主役のフィリップを助けたことにより、仮面ライダーとして戦

っていくことになります。

そして菅田将暉さんが演じたもう一人の仮面ライダーであるフィリップになります。

どこかミステリアスな魅力の少年という雰囲気ですが、まさにこの独特の雰囲気が、菅田将暉さん

がフィリップ役に選ばれた理由だったようです。

フィリップは記憶喪失になっており、桐山漣さんと二人で一人の仮面ライダーとして悪役と戦う内

容です。

 

菅田将暉さんが仮面ライダージオウにフィリップとして出演しない理由は?

色々調べたところ、菅田将暉さんが仮面ライダージオウに出演しない理由は、事務所がNGとかでは

なく「スケジュールの予定がとれない」とのことでした。

菅田将暉さんは出演したかったようです。

本当は、仮面ライダー制作側は、佐藤健さんと菅田将暉さんのW共演をしてほしかったようです

が、2年先まで菅田将暉さんのスケジュールは真っ黒だったそうです。

佐藤健さんは出演できるようですね。

 

菅田将暉さんは仮面ライダーWが俳優デビュー!その後の有名なドラマや映画の出演のまとめ

2009年、9月より平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にてフィリップ役で連続テ

レビドラマ初出演・初主演されています。

そして同年12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で

映画初主演を務めました。

また2013年、主演した『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

さらに2014年、映画『そこのみにて光輝く』で高崎映画祭最優秀助演男優賞、他の映画とあわせて

TAMA映画祭最優秀新進男優賞、おおさかシネマフェスティバル助演男優賞などを受賞し、『ごちそ

うさん』でNHK連続テレビ小説初出演してます。

2016年、『ディストラクション・ベイビーズ』でヨコハマ映画祭助演男優賞、『セトウツミ』『溺

れるナイフ』で日本映画プロフェッショナル大賞最優秀主演男優賞を受賞し、「共喰い」以降は単

館系映画で評価されてきたが、TVドラマ「ラヴソング」や「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦

子」等でお茶の間にも顔が知られるようになり、オリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1

位を獲得されています。

そして2019年、俳優デビュー10周年を迎え、日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組-今から皆さんは、

人質です-』でGP帯連続ドラマ初主演し、自ら教師役を希望したこの作品と前年の『dele』を合わ

せてギャラクシー賞テレビ部門個人賞、東京ドラマアウォード主演男優賞など多くのテレビドラマ

の主演男優賞を受賞されました。

また7月に主演映画『アルキメデスの大戦』公開、11月より舞台『カリギュラ』に主演し、第27回

読売演劇大賞・優秀男優賞と新人賞にあたる杉村春子賞を受賞しています。

菅田将暉さんは、デビュー直後はアイドル的な仕事が多く本人もその方向性に悩んでいたが、19歳

で映画『共喰い』のオーディションを受けて以降は文芸作品や単館系作品に数多く出演していま

す。

その一方で漫画の実写化なども多く、アイドル性と演技派の二面性を兼ね備えていると称されてい

ると言われています。

兼重淳監督からも「キャラクター像を感性で感じ取り、ヒュッと役に入っていく。入り込んでいる

からアドリブでも延々とできる人」と評価されています。

私的に菅田将暉さんの出演した作品の中で好きなのは、「死神くん」の大野智さんとの絡みが面白

かったです。

また最近まで放送されていた「ミステリと言う勿れ」も人気がありましたね。

すごいボリュームのある髪型が印象的でした。

どの俳優さんもそうかもしれませんが、役作りのために頻繁に髪型や髪の色、体型を変化させた

り、『あゝ、荒野』でのボクサー役で体重にして20kgも差があるヤン・イクチュンと階級を合わせ

るため最大15kgも増量して肉体改造を行い、また2014年の『海月姫』で女装をした際は10kg以上

の減量と骨盤矯正を行い普段からハイヒールで生活して女性らしい体型をつくったなど、役に入る

意気込みが素晴らしいと思います。

本人曰く、自分自身の俳優としての強みは「身長176cm、A型、長男、右利き、顔は濃くも薄くも

なく、眉を隠すことで印象を変えられる」とデータ的に全てにおいて「普通」なので、どんな役に

も寄せやすいのかもしれないと分析しているそうです。

確かに菅田将暉さんは髪型1つでも雰囲気が変わるかたなので、分析は間違いないですね。

あそこまで雰囲気が変わる俳優さんはなかなかいないような気がします。

 

まとめ

菅田将暉さんについて調べてきましたが、若手の登竜門の仮面ライダーシリーズがデビュー作でし

た。

また16歳いう若さで、主役をつとめました。

その後俳優として色々な作品に出演したり、賞などもたくさん受賞されています。

俳優である一方で、歌手とした歌も出されています。

歌も上手く、カラオケなどでもよく歌われてますね。

俳優としての実力もあり、歌としての実力もあるなんて凄いと思います。

菅田将暉さんは現在29歳でこの実力なので、まだまだのびるような気がします。

そして仮面ライダージオウに出演しない理由は、2年先までのスケジュールが真っ黒ということに

驚きました。

そんな先までスケジュールが決まるものなのですね。

人気があるからこそ、そんな先までスケジュールが埋まるのだと思います。

もちろん仕事があるのは嬉しいことだと思いますが、そんな先までスケジュールが決まっていると

プレッシャーもありそうですね。

1つの作品が終わったら次の役に向けて、肉体改造をしないといけないということです。

菅田将暉さんならこなせることだと思いますが、忙しいと思います。