チャイルドシートの義務化はいつから?いつまで?身長や年齢?新生児の後ろ向きの付け方

ライフ

皆さんはチャイルドシートをしっかりと設置していますか?何となく付けていても間違っている可能性が大です。

なんと半分以上の人が正しい取り付け方が出来ていない、ということが調査により判明されました。

子供の命を守るためにも、チャイルドシートについてしっかりと学んでいきましょう。

チャイルドシートの義務化はいつからだった?

200041日から道路交通法によってチャイルドシートの着用が義務化されました。

71条の3項、自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たせるために座席に固定して用いる補助装置であって、道路運送車両法第3章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させたとき、その他の他政令で定めるやむを得ない理由がある時は、この限りではない。

という法律になります。

チャイルドシートの義務は何歳まで?判断基準は身長?年齢?

道路交通法には、6歳未満の幼児を乗車させる場合はチャイルドシートを使用することが義務づけられています。

ただし、車のシートベルトは身長140cm以上を対象に設計しているため、140cmに満たないお子様の場合(11歳くらい)、安全のためのチャイルドシートが必要になります。

こちらが年齢層別チャイルドシート使用率になります。

チャイルドシートは新生児の場合後ろ向き?

続いて新生児のチャイルドシートののせ方についてですが、後ろ向きに取り付ける場合は、新生児から910kg未満の時期になります。

乳幼児の成長には個人差があるので、月齢ではなく、体重になってしまいますが、目安として1人でお座りができるようになった頃の生後9ヶ月ごろを言います。

なぜ後ろ向きに取り付けるかといいますと、チャイルドシートを後ろ向きに乗せると、運転席から顔が見えなくて、やりづらいと思いがちですが、これは事故発生時に乳児が受ける衝撃を最小限にするためです。

乳児期は骨格が固まっておらず、柔らかい体で頭を支えている状態ですので、衝撃を受ける面積を、背中、肩などの広範囲にすることで、前向きよりも負荷を減らすことができるのです。

取り付ける場所は、後部座席にしましょう。

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/protect-life/child-seat/baby

取り付け方を参考にしてみて下さい。

チャイルドシートを助手席に付けると違法?おすすめの付け方は?

道路交通法では、6歳未満の子供にはチャイルドシートの使用が義務付けられていますが、実は設置場所については決まりがありません。

法律上はチャイルドシートを設置する場所は自由です。助手席につけても違法にはなりません。

https://jaf.or.jp/-/media/1/2590/2610/2639/2653/3120/crsdata2019_002.pdf?la=ja-JP

実際に2019年に行われたチャイルドシートの設置場所に関する調査によると、チャイルドシートを助手席に設置している割合は、17.8%でした。

チャイルドシートには、前向き設置と後ろ向き設置の2パターンあり、上記の通り9ヶ月頃までは後ろ向きが多いです。

後ろ向きのチャイルドシートを助手席に設置するのは違法ではありませんが、絶対に避けるべきです

エアバッグと赤ちゃんとの距離が近くなり過ぎてしまうなめ、衝撃時にエアバッグの衝撃で赤ちゃんが危険な状態になる可能性が高いのです。

https://youtu.be/0n8t2XA4itk

こちらの動画は運転手側と助手席側のエアバッグの様子が紹介されています。エアバッグの衝撃だけでフロントガラスが割れてしまっているのがわかると思います。

エアバッグの衝撃は思っている以上に強いです。フロントに近ければ近いほど衝撃は増すので、チャイルドシートを前方に近づけるのはやめましょう。

チャイルドシートのおすすめの付け方

まず1番大切なのは、使用するチャイルドシート専用の取扱説明書をしっかりと読むことです。メーカーによって異なる部分が多く、正しく設置しないと予期せぬ事故に繋がり兼ねません。

こちらは、2019年に調査したチャイルドシートの付け方についての表ですが、全体の57.8%がチャイルドシートの付け方を間違って付けているという結果になっています。

https://nicebaby-lab.com/carseat_howto

それぞれの付け方について詳しく説明されているのでこちらを参考にして頂けたら良いと思います。

チャイルドシートは市役所や警察署で1日レンタルできる??

自宅に車があってもあまり乗らない方や実家に帰省するのでチャイルドシートが必要や、出産後お迎えだけ必要など、様々な場面でチャイルドシート使用義務があるので購入するか迷うと思います。

購入すればいつでも使うことが可能ですが、あまり使わない方からする人買う必要はないのでは?と思う方も居ますよね。

そんな時に役立つのがレンタルです。

まず、市役所で貸出しています。その市によってレンタル方法や期間、金額は異なりますので一度問い合わせて見ると良いでしょう。

ちなみに自分の住んでいる市の市役所からのみレンタルになりますのでご注意ください。

私の市では、6ヶ月間の貸し出しで、返却後のクリーニング代として1000円かかります。6ヶ月間1000円はすごいですよね。

そして、皆さんは「交通安全協会」をご存知ですか?道路交通の安全を目的とする日本の非営利法人です。

自動車免許を取得した時や免許書換の手続きなどで、交通安全協会どうですか?などと声をかけられたりすると思います。加入は任意なので必要あると思う方のみ加入すると良いと思います。

加入することによって、警察署などの交通安全協会を実施している場所でレンタルすることが可能になります。

なので交通安全協会に加入の方は費用が掛からずにレンタルすることごできます。

また、レンタカー会社もレンタルすることが可能です。

チャイルドシートの義務化でも抱っこなら友人の車やタクシーは大丈夫?

まず、友人の車についてですが、これはNGです。

友人の車や、兄弟や、両親の車など自分の車以外に乗る際も、チャイルドシートは必ず設置してください。

法律上、チャイルドシートを使用していない場合違法になりますので、もし友人の車で使用していなかった場合、友人にも迷惑をかけてしまうことになります。

そして、子供の事を考えたらさらに危険です。万が一事故にあった場合フロントガラスに突っ込んでしまったり、外に投げ出されたりして命を落とす可能性もあるのです。

子供のこと、周りの人の事をしっかり考えていれば、自然とチャイルドシートを使うことが出来ると思います。

そして、タクシーの場合はチャイルドシートの着用が免除されています。

また、バスやハイヤーも同じく免除されています。ただ、免除されているだけで、事故が起こってしまった場合、子供の生存できる可能性が低くなってしまいます。

子供の命を守るためにも、チャイルドシートを着用させて下さい。

タクシーでも使えるチャイルドシートも色々あるので、1度見てみると良いかもしれません。

また子育てタクシーというものがあり、妊婦さんや子供の送迎をしてくれるタクシーもあるのでチェックしてみて下さいね。

https://hinomaru.tokyo/childcare

やむおえず、抱っこでタクシーに乗る場合の注意点をご紹介します。

赤ちゃんの場合、シートベルトをすると事故の衝撃で締め付けられてしまう可能性があります。

そのため、大人だけがシートベルトをして、その上から赤ちゃんを抱っこするのが1番安全になります。

そして、子供は運転席の後ろに座らせましょう。これは有名な事なので知っている方がほとんどかと思いますが、運転席の後ろの席がいちばん安全な席になります。

衝撃で前に飛ばされるということとも少しは防いでくれます。そして、タクシーのボタンなどに触れないようにしっかりと見張っておきましょう。

このようなことを注意し、タクシーに乗るようにするとよいでしょう。

チャイルドシートのおすすめ、長く使える選び方。

チャイルドシートの種類は主に3つあります。

ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3つになります。

子供の体にあったものを選んであげましょう。基本的にベビーシートは乳児、ジュニアシートは、チャイルドシートのハーネスがきつくなるくらい大きくなったときに使用するものになります。

チャイルドシートを選ぶのにまず、重要なことは、購入時に、Eマークがついているかを確認しましょう。Eマークは国の安全基準をクリアした証になります。

そして、子供の身長や体重にあったものを選ぶのはもちろん、確実に自分の車につけれるかも大切になります。

チャイルドシートの取り付け方は、ISOFIXがおすすめです。ISOFIXは、やや高価ではありますが、簡単で確実な国際基準のチャイルドシート固定方式として、全国で支持されています。

今チャイルドシートで人気を集めているのが

タカタのチャイルドガードになります。チャイルドガードは国内トップレベルの衝突安全性能を持ちながら、使い勝手もとてもよく優秀です。

https://childseat.joysonsafety.com/archives/product/04_ifix

こちらがメーカーのホームページになっています。

 

オススメ理由は、ISOFIX固定タイプのベースと本体がセパレート式で設置が簡単、そして肩ベルトと腰ベルトを固定する際にマグネット式で使いやすく手間がかからないということです。

まとめ

チャイルドシートについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?現在法律上で必ず着用しなければなりませんが、大事な家族を守るためには絶対に必要なものです。

めんどくさかったり、手間がかかってしまうこともありますが、命がかかっている事なので必ず設置するようにしましょう。

楽しいと感じさせることが出来たら、子供も喜んでチャイルドシートを気に入ってくれるはずです。

あっという間にチャイルドシートを卒業する時がくるので、チャイルドシートの時期だからこそのドライブも思い出にしたいですよね。