渡部暁斗さんの子供や妻は?兄弟や両親・出身の情報も

エンタメ

 

ノルディック複合競技者で、オリンピック2大会で個人ノーマルヒル銀メダリストの渡部暁斗さ

ん。

子供や妻はどんな人なのでしょうか。

また兄弟や両親、そして出身情報など気になると思いますので、これから詳しく調べていきたいと

思います。

 

渡部暁斗さんの子供は何人?年齢や名前は?

渡部暁斗さんの子供さんは1人で名前は悠然(ゆうぜん)くんと言います。

2020年11月に誕生していて、現在1歳です。

まだこの時点ではどちらに似ているかわかりませんが、赤ちゃんは可愛いですね。

こちらがすこし大きくなった時の写真です。

 

渡部暁斗さんの妻も選手だった?馴れ初めは?

 

渡部暁斗さんのお嫁さんの名前は渡部由梨恵さんと言って、元ハーフパイプの選手でした。

北海道出身で33歳になる方です。

白馬村スキークラブ所属のフリースタイルスキーヤーで6歳の頃に本格的にウィンタースポーツに

打ち込むようになり、ジュニア時代からアルペンスキーの一流選手として国内外の大会で活躍して

いたそうです。

2人の馴れ初めは大学のスキー部で出会い、大学3年生の時に付き合い始めています。

そして2014年ソチオリンピックにて銀メダルを獲得した渡部暁斗選手は、その翌日、由梨恵さんに

国際電話をかけ「結婚してくれないか」とプロポーズし、2014年に結婚されました。

 

渡部暁斗さんの兄弟も選手?名前や年齢は?

3歳違いのふたりは共に白馬高校を卒業し、早稲田大学、北野建設と同じ道を歩んできました。

そして、過去2大会でも一緒にオリンピック出場されています。

渡部暁斗さんの弟さんでノルディック複合選手の渡部善斗さん。

生年月日は1991年10月4日生まれの30歳です。

また小学校3年時、先にスキーを始めていた兄の影響や周囲の勧めで競技を開始したが、本人曰く

「最初はいやいやだった」そうです。

しかし中学2年時には全国中学校スキー大会・ノルディック複合で優勝し、翌年も連覇を果たして

います。

そして飛躍を得意とし、中学3年時の全国中学校スキー大会では純ジャンプでも2位に入った程の実

力を持つ善斗さんです。

 

渡部暁斗さんの両親・出身の情報も

お父さんである修さんは1998年の長野オリンピック以降、外国人が白馬村にやってくることが多く

なったことがキッカケで、2005年に自ら会長となり、他の経営者らの10人と外国人観光客誘致の

ため有志団体「白馬ツーリズム」を結成されています。

また外国人観光客の受け入れ態勢を万全にしたり、英語のメニューを設置するなど、白馬村の地域

活性化のために大きく貢献したそうです。

現在は長野県白馬村八方の麓にある、「白馬スポーツホテルテリー」でホテルの支配人を務めてい

るようです。

しかし、HPや旅行サイトで検索しても詳細が出てこないので、現在営業しているのかわかっていま

せん。

そして、お母さんの情報は一切公表されていないのでわかりませんが、白馬村にジャンプ台ができ

た時にお母さんが見学に行き、それがキッカケで兄弟共にジャンプ競技を始めるようになったと

か言われている感じです。

なのでお母さんの行動が大きかったかもしれないかもしれないですね。

また出身は長野県白馬村です。

白馬村は、長野県の北西部に位置する北安曇郡の村であります。

また北アルプスの麓にあり、冬はスキー、夏は登山の観光客が訪れ、避暑地として知られていま

す。

さらに単体のスキー場としては国内最大規模の八方尾根スキー場があり、長野オリンピックの会場

にもなった場所です。

そういう場所で生まれ育ったので、そういうことに興味をもったのかもしれませんね。

 

まとめ

今回はノルディック複合の渡部暁斗さんについて調べてきました。

結構兄弟や姉妹で一緒にやっている選手が多いことがわかりました。

やはり見ていると影響されるのでしょうか。

また兄弟や姉妹で一緒にやっていると、よきライバルにもなるし色々と相談もできていい気がしま

す。

そして渡部暁斗さんの子供は2020年に産まれたので、まだ1歳なのでとても小さくて可愛い子

です。

きっと渡部暁斗さんも可愛くてデレデレだと思います。

また子供の成長は早いのでこれからが楽しみですね。

これで保育園などに行き始めると悪い言葉なども覚えてきますが、それだけ成長した証拠です。

そして北京オリンピックに出場した2人ですが、渡部暁斗さんはメダルを獲得できましたが、弟の

善斗さんは残念ながら獲得することができませんでした。

次回は4年後になってしまいますが、そのときはぜひ兄弟でメダルを獲得してもらいたいです。

2人とも実力のある選手なので、次は兄弟でとれることを信じてます。

緊張感の中で競技されて疲れたと思うので、十分に体を休めてからまた練習に励んでもらえればな

と思います。

これからの活躍に期待しながら2人を応援したいです。