これが世界企業のノベルティか!思わず欲しくなってしまうグッズをお見せします

By | 2015年2月24日

ノベルティグッズ、欲しくなりませんか?
ノベルティコンテンツ

あるブランドが好きだったとしたら、そのブランドのノベルティグッズも欲しくなりませんか?

最近では「Evernote Market」でEvernoteのオシャレな商品も販売されていますが、これはEvernote好きにはたまらないでしょうし、反対に、このグッズを好きになった人がEvernoteという企業に愛着を持つこともあるでしょう。

世界に名だたる企業たちはどんなノベルティグッズを出しているのか、それを当記事では紹介したいと思います。今回は時価総額の高いIT企業TOP10のノベルティに着目します。

■目次
世界の時価総額TOP10IT企業のノベルティをご紹介!
1. 時価総額上位の企業ノベルティグッズ
2. リアルノベルティとデジタルインセンティブ

 1. 時価総額上位の企業ノベルティグッズ

まずは「IT企業」という軸で時価総額ランキングを見てみましょう。

1位 Apple
2位 Google
3位 Microsoft
4位 General Electric
5位 Alibaba Group Holdings
6位 Facebook
7位 Verizon Communications
8位 Oracle
9位 AT&T
10位 Amazon

世界時価総額ランキング(2015年1月末時点)

そうそうたる企業が並んでいます。ちなみに1位のApple社は時価総額6824億ドルとのことです。もうよく分かりません。

さて、順番に各企業のノベルティグッズを紹介していきますが、その前に「ノベルティとは何ぞや」という方のために定義を載せておきますね。

ノベルティー(novelty)

1 目新しい趣向をこらした商品。主に若者向きの小物。
宣伝のために会社名などを入れて配付する贈呈用の品物。カレンダーやライター、携帯電話のストラップなど。「―グッズ」

-コトバンク

当記事では主に2番の意味での使用になりますが、贈呈物だけでなく、企業が公式ショップなどで販売するオフィシャルグッズも含んでご紹介したいと思います。

Apple


スティーブ・ジョブズによって創設されたこの企業のデザインには、いつの時代も人々は魅了され続けています。

Apple ノベルティ 1
アップル本社の敷地内にあるストアで購入することのできるマウスパッドです。

Apple ノベルティ 2
こちらは1992年製造の、秒針がマウスになっている腕時計です。これも「Apple Watch」と呼べるかもしれません。

参照

かつてApple社が製作していた超レアなノベルティグッズ43点
zakka news from san francisco

Google


次はラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが共同創業したGoogleです。

Google ノベルティ 1
Googleのロゴがあしらわれたマウスとカレンダーです。このマウスを使えば相当できそうに見えるはず・・・?

Google ノベルティ 2
形も色も目を引くこと間違いなしのユニークなUSBハブです。

参照

【2014年版】新しいGoogleノベルティを頂きました

Microsoft


Apple、Googleと来れば、その次はビル・ゲイツによって創業されたMicrosoftです。

Microsoft ノベルティ 1
“I visited Microsoft”と印字されたTシャツです。言わなくてもMicrosoft社に行ったことを伝えられます。

Microsoft ノベルティ 2
ステンレスの水筒です。なんとワンタッチで開く優れもの。

参照

Microsoft’s Underground Tour 2013
Microsoftカンパニーストア

General Electric


発明王トーマス・エジソンが創業したGEは4位でした。

GE ノベルティ 1
フォルムの洗練されたシャープペンシルです。

GE ノベルティ 2
大きくロゴの入ったヴィンテージノベルティのトレイはオシャレ度高め。

参照

COLOR LABEL

Alibaba Group Holdings


2014年上場し、IPO市場最高額となる250億ドルの資金調達を行った、ジャック・マー率いるアリババ。

ノベルティグッズを紹介したいところですが、見つからなかったので割愛します。

Facebook


次は、Instagram、Oculus、Whatsappと次々と買収を成功させているマーク・ザッカーバーグCEOのFacebookです。

Facebook ノベルティ 1
アドテック東京2014のFacebookブースでもらえるサングラスノベルティ。

Facebook ノベルティ 2
Facebookロゴと「Like」のカフスです。

参照

「アドテック東京2014」の出展エリアを回ったので、簡単に振り返ってみる
Gaventa Cufflinks Novelty ‘Facebook’

Verizon Communications


ベライゾン・コミュニケーションズですが、残念ながらノベルティグッズは見つからず、割愛とさせてください。

Oracle


1977年に創業してから唯一のCEOであるラリー・エリソンが昨年CEOを退任したことでも話題になったオラクル社です。

Oracle ノベルティ 1
2008年に開催されたOracle OpenWorld San Francisco 2008で配布されたノベルティのチョコレートです。

Oracle ノベルティ 2
そしてこちらは2009年のカレンダー。

参照

新米記者が行く:突撃! IT企業のノベルティ

AT&T


AT&Tを創業したのは、電話の発明でも有名なグラハム・ベルでした。

AT&T ノベルティ
マグカップのように日常的に使えるノベルティだと、愛着が湧いてきそうです。

参照

ファイヤーキング★AT&T★DEALERSHIP

Amazon


最後はジェフ・ベゾフによって創業されたAmazonです。

Amazon ノベルティ
普通のボールペンにも拘わらず、Amazonロゴが入っているだけどスマートな印象を受けます。

参照

ブログ De ノベルティ: Amazon

 2. リアルノベルティとデジタルインセンティブ


上で紹介したのは世界のトップIT企業の中でも、一部の企業の一部のノベルティだけです。もちろん他にも、国内外を問わず枚挙に暇がないくらい魅力的なノベルティグッズはあります。

ノベルティグッズの主流は、付箋やエコバッグ、ボールペンなどの日用品ですが、これらリアルのグッズ以外にもノベルティはあります。それはデジタルインセンティブと呼ばれていて、ノベルティをデジタルで配信するというものです。例えば、「壁紙」や「フォルダアイコン」、「ブックカバー」などが主流です。

▼キリンの壁紙
キリン ノベルティ

▼クロネコヤマトのフォルダアイコン
クロネコヤマト ノベルティ

▼東京メトロのブックカバー
東京メトロ ノベルティ

デジタルノベルティとしてのデジタルインセンティブのメリットは、一度用意してしまえば、無制限に配布できること。多くの人にノベルティを配布する場合、コストカットにも繋がることもあるでしょう。その場にいない人に対して配布することもできます。

また、LINE社が2013年からメニューに加えた「LINEマストバイ」も一種のデジタルインセンティブと言えますね。

LINE ノベルティ
LINEマストバイは少し趣を異にはしますが、QRコードを使用することで限定のデジタルインセンティブコンテンツを配布し、遊んでもらうことも可能です。

これはセミナーや説明会、展示会でも有効な手段となりうるでしょう。そして、これから出てくる、Oculus Riftに代表されるVR(仮想現実)ともデジタルインセンティブは相性が良さそうです。

参照

キリンデジタルノベルティ
メトロ車両デザイン ブックカバー
家電Dr.メンテくんのデジタルノベルティ
グリコ乳業 カフェオーレ × LINE キャンペーン
Oculus Riftで仮想ジェットコースターに乗った!ARとVRの違いとは?

 あとがき

いかがでしたでしょうか。

企業の配布したノベルティに人気が出て、今ではプレミアのついているものも数多くあります。企業ブランドに愛着のある人にとって、企業ノベルティグッズは是非とも欲しいアイテムですよね。それがオシャレであったり、実用的であればなおさらです。

デジタルノベルティの分野でも、LINEというプラットフォームの上にマストバイスタンプを落としたように、VRというプロットフォームが今度出来上がったら、その上にデジタルノベルティを乗せてほしいです。

以上、これが世界企業のノベルティか!思わず欲しくなってしまうグッズをお見せしますでした。


ガイアックスでは、デジタルインセンティブとして使えるしゃべくりスタンプというスタンプ画像ASPコンテンツを展開しております。

調査資料無料ダウンロード