LINEスタンプを作って販売してみた!やってみて分かった押さえるべき11のポイント

By | 2014年5月12日

実際にLINE Creators Marketで審査が通ったクリエイターにインタビュー!
スライド1

LINEは2014年5月8日、WebサイトからLINEスタンプなどを購入できるLINEウェブストアで、LINE Creators Marketにて審査が完了したLINEスタンプの販売を開始しました。

販売当初のユーザの比率は、日本国内ユーザが4割、海外ユーザが6割ということです。本記事では、審査に通った社内のクリエイターに実際に話を聞き、審査基準を通るにあたって、気をつけておきたい事や困った事などの生の声をインタビューしました。

会員サイトコンテンツに興味のある方はこちらの記事をどうぞ

メディア担当者よ、もうコンテンツに悩まないで!国内大手会員サイトを比較調査【電機メーカー業界編】

    ■目次
    ●やってみて分かった押さえるべき11のポイント!
      1. スタンプを設定する(簡単なターゲットを選定)
      2. ペルソナの1日の行動を洗い出す
      3. スタンプが伝えたいメッセージ(言葉)の洗い出し
      4. キャラクターデザインの傾向を知る(人気スタンプの考察)
      5. いつどのようなシーンでスタンプを使ってもらうかを想定する
      6. ペルソナを立てたものと似ている人にヒアリングをする
      7. デザインの差別化をはかる
      8. 実際にLINEスタンプ上に表示されているイメージを描き起こす
      9. スタンプ選択アイコンは大きく!
      10. 海外に売り出すために必ず英語は用意する
      11. 振込規約について確認
    ●ポイントのまとめ
    ●日本のみでなく、世界でも使ってもらえるLINEスタンプ

▼ノウハウを公開する 弊社デザイナー山田文子
image01-1

▼インタビューした山田がつくったスタンプ

では早速、ポイントを見ていきましょう。

やってみて分かった押さえるべき11のポイント!


インタビューして分かった押さえるべき11のポイントを紹介します。

1.スタンプを設定する(簡単なターゲットを選定)


まず、性別や年代という大きなターゲットから絞り込んでいきました。現在発売されているLINEスタンプを見ていると仕事(ビジネス)をする人向けのスタンプの数が少なく【会社員(サラリーマン)】という設定で社会人向けのスタンプにしようと決めました。

まずはターゲットとペルソナとユーザ層を簡単に決めてから、ユニークな設定にする


2.ペルソナの1日の行動を洗い出す


その後に、【会社員(サラリーマン)】が一日のうちにどういう行動をとるか、行動シーンを書き出しました。

書き出す事によって、どういうシチュエーションをスタンプにすれば面白いか、今のスタンプにはないシーンは何かというのを考えました。

家→朝→昼→夜→家という1日のサイクルの中でそのキャラクター独自の行動を盛り込む


▼家→朝→昼→夜→家に分けて、サラリーマンの一日の行動の洗い出し
SONY DSC

▼家→朝→昼→夜→家に分けて、サラリーマンの一日の行動の洗い出し(一部拡大)
スクリーンショット 2014-05-09 13.43.17

3.スタンプで伝えたいメッセージ(言葉)の洗い出し


人気のスタンプや、友だちや周りの人が使っているスタンプを中心にメッセージの洗い出しを行いました。使われやすいだろうというものから、【会社員(サラリーマン)】に合いそうなメッセージを想像してみたり、【会社員(サラリーマン)】が言いそうだけど、まだないメッセージも合わせて書き出し、イメージを湧かせていきました。

多ければ多い程よく、最低でも200メッセージぐらいは作っておきたい


▼挨拶・喜怒哀楽・擬態語・効果音などキャラが発する”音”、約250種類の洗い出し
SONY DSC

▼挨拶・喜怒哀楽・擬態語・効果音などキャラが発する”音”、約250種類の洗い出し(一部拡大)
スクリーンショット 2014-05-09 13.42.52

4.キャラクターデザインの傾向を知る(人気スタンプの考察)


人気のスタンプを調査していて、以下の傾向があると思いました。

  • キャラクターのふちが太く、黒いラインのものが多い
  • 丸みをおびたキャラクターが多い
  • 顔が大きいキャラクターが多い
  • 動物系のキャラクターが多い
  • 表情があまり変化しないスタンプが多い

トレンドを押さえつつ、人気のスタンプのサイズや、どうやったら働く男性にも女性にもうけるようなキャラクターになるのかを考えていきました。

スタンプを日々使用し、トレンドを押さえておく


▼キャラクターのブレスト【サラリーマン】
SONY DSC

5.いつどのようなシーンでスタンプを使ってもらうかを想定する


キャラクターの表情や性格などを考えていきました。どうやったら可愛いだけではなく、ターゲットに面白がって使ってもらえるかを考え、いつ、どのようなシーンでスタンプを使ってもらうかを想像し、積極的に面白さを取り入れました。

例えば、サラリーマンは朝が辛い人が多いという印象があるので、その特徴を捉えて、朝が楽しくなるようなスタンプにしたいと思いました。

朝と言えば鶏。【会社員(サラリーマン)】というメインキャラクターの他に仲間として、鶏のキャラクターが入れば朝が気持ちよくなるのではないかと思いました。その他にも、アイディアはたくさん浮かんできますが、クリエイターズマーケットでは40種類のスタンプを登録するので、40個のシーンに絞るということが最終的に大切だったなと思います。

普段、ペルソナがいつ、どのようなシーンで何を発言しているのか、思っているのかなども把握しておく


▼キャラクターのブレスト【サラリーマンと鶏の融合】
SONY DSC

6.ペルソナを立てたものと似ている人にヒアリングをする


【会社員(サラリーマン)】の友人にヒアリングをしました。そこで言われた事は、「言葉はあまり入れない方がいのでは?」という意見でした。

ユーザは自分の好きな文章を思い描き、スタンプを使いたいから、言葉を入れてしまうと使うシーンが限られてしまう場合があります。最近のトレンドとしては文字を入れる場合も多いのでターゲットやペルソナによりけりですが、今回は思い切って言葉ナシのスタンプに変更しました。

質問は作ったスタンプをどんな時に使いたいか、使うイメージができるか、また出来ない場合はなぜかなど、ペルソナが使うことをイメージしやすいものがよい。


7.デザインのオリジナリティを意識する


トレンドを押さえつつもオリジナリティを意識する事は重要です。
タッチは現在の流行っているスタンプはラインが太い絵が多かったり、ラインが黒が多いものが多いです。トレンドのスタンプと差別化をはかるために、柔らかい、手書き風のタッチで、色も茶色にしようと思いました。

自分が得意な絵やペルソナが好きなテイストの絵という視点を持っておく


8.実際にLINEスタンプ上に表示されているイメージを描き起こす


実際にLINE上で使用された時のイメージを膨らますために、LINEスタンプ上に表示されているイメージの画像も描き起こしていきました。起こしてみると色・ライン・全体の大きさ・パーツの大きさが少しイメージと違ったりしたので、微調整をしていきました。

▼LINEで使われるイメージを描き、印刷し確認
SONY DSC


9.スタンプ選択アイコンは大きく!


購入後、スタンプを使用する時にスタンプ選択アイコンを押して、ユーザはスタンプを使うことになります。他のダウンロードされたスタンプと比較して目に止まりやすいように、アイコンを目立ちやすくしたり、大きくしたりするのは良かったのではないかなと想定しています。

スタンプ選択アイコンは大きく!派手に!


▼スタンプ選択アイコンを押している状態

スクリーンショット 2014-05-09 16.10.00

10.海外に売り出すために必ず英語は用意する


タイトル名とスタンプの説明文は、日本語と英語が必要になってくるのを後から知り、慌てて用意をしました。LINEユーザは海外にも多いので、英語は必要だと思いました。また、自作キャラクターの場合はライセンス証明書を添付しなくても問題ありませんでした。

登録できる言語は、英語・日本語・韓国語・中文(簡体)・中文(繁体)・タイ語・インドネシア語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・ポルトガル語(ブラジル)・スペイン語の12言語です。(2015年3月24日現在)
※登録する作品が自社の著作物でない場合に、ライセンス証明書を添付する必要があります。

LINEの普及はアジア圏で特に強いので英語のみならず他の言語も網羅できると尚良い


▼登録画面(英語と日本語が必須になっている)
マイページ   LINE Creators Market1

11.振込規約について


LINE Creators Marketにて審査が完了したスタンプは、クリエイターにメールで通知がきて、管理画面から公開することができ、公開されたスタンプはLINEウェブストアで販売されます。クリエイターには売り上げの50%が分配されますが、前月までの分配金額が1万円を超えると初めて代金の振込申請を行うことができます。

▼支払いのガイドライン
スクリーンショット 2014-05-09 0.49.05

現状では、スマホアプリのLINEスタンプショップではLINE Creators Marketのスタンプを買う事が出来ず、PCもしくはブラウザ上のLINEウェブストアで購入しなければならない。


ポイントのまとめ


上記であげたLINEスタンプをやってみて感じたポイントを簡単にまとめておきます。

  • キャラのペルソナ・ユーザ層を決め、キャラの設定を考える
  • 1日の生活サイクルの中でキャラ独自の行動・発言を盛り込む
  • キャラの発言を200メッセージ以上はブレストしてみる
  • スタンプを日々使用し、トレンドを押さえる
  • ペルソナの発言シーンや内容、考えていることを把握する
  • 実際のユーザにヒアリングする
  • キャラのオリジナル性は意識する
  • スタンプ選択アイコンは大きく!派手に!
  • 英語のみならず他言語も網羅できると良い


日本のみでなく、世界でも使ってもらえるLINEスタンプ


最後にスタンプをはじめたきっかけや想いを聞いてみました。

今、盛り上がっているLINEで自分のつくったスタンプが日本のみでなくて、世界でも使ってもらえるかもしれないというところに魅かれました。

それに、LINEは知名度があるアプリなので、友だちだけでなく、家族も使っていて、これをきっかけに自分のイラストを周りの人に知ってもらったり、”かわいいね”といってもらえたら嬉しいと思ったのがきっかけでした。

※山田が作成したスタンプURLはこちら
http://store.line.me/stickershop/detail?packageId=1000105

SONY DSC

以上、『LINEスタンプを作って販売してみた!やってみて分かった押さえるべき11のポイント』でした!


●関連記事はこちら

●こちらの記事も合わせてどうぞ


ガイアックスでは、ゲーム・占い・ニュース・レシピなど
デジタルコンテンツの新規制作・提供のサービスを行っております。