利用者3億人突破のLINE!世界でのライバルはWhatsApp!

By | 2013年12月20日

LINE株式会社のメッセージサービスLINE
日本国内で知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

LINE(ライン)

日本国内のスマートフォンユーザー5100万人のうち
90%以上がLINEに登録しています。

日本でこれ以上の大幅なユーザー獲得を期待できない以上、
LINEは海外展開していくしかありません。

そこで今回は、

「日本でのLINEの活躍ぶりは如何ほどなのか」
「LINEは海外でどんなテレビCMを打っているのか」
「どこの国に広げていこうとしているのか」

について各データを使いながら述べていきます。

    ■目次
    1.日本におけるLINE
    2.世界でのLINEの普及率
    3.世界での競合たち

日本におけるLINE

商品化されている

日本での人気の証拠に、LINEのキャラクターの商品も数多く出ています。

▽ぬいぐるみやキーホルダーに加えてゲームもあります
LINE TOWN|タカラトミー_R


アニメ化も果たしています

さらにアニメ化もされています。

▽二期目のLINEアニメ
LINE TOWN ラインタウン_R

 

一期目のアニメが深夜枠だったのに対し、こちらは18:30~と一期目での反響が伺えます。
また、しっかりとアプリ内で使われるスタンプの訴求も図っています。

▽実際のLINEアプリ内のスタンプに対し
stamp_moon2_R
▽こちらはアニメ内で使われているスタンプです
stamp_moon_R

twitterでも人気の声が挙がっています。

さすがは日本のプライベートにおけるメールという文化をディスラプトしつつあるLINEです。

世界でのLINEの普及率

普及率のグラフ

日本で大人気のLINEは、国内だけにとどまりません。

▽日本以外のユーザーが8割近くを占めます
LINEのユーザ数が世界で3億人を突破!_R

LINE株式会社の発表によると、日本の5000万人のユーザーを含み
世界中でユーザーが3億人を突破したとのこと。

2011年6月リリースされた後、ユーザー数1億人を突破したのが今年2013年1月
同年7月2億人、そして11月には3億人突破と、増加スピードが増してきています。

LINE株式会社の森川社長は2014年中にユーザー数5億人を目標として掲げています。

海外でのLINEのテレビCM

海外でも認知度を上げるため
様々な国で文化や慣習に沿ったCMを放送しています。

【タイ】More LINE, Much Closer(日本語字幕)
母をなくした父娘の物語。
悲しみに打ちひしがれる娘のもとに届いたLINEメッセージとは・・・。
実話を基にした感動系CMです。

【インド】Free Voice App
演劇サークルの大学生たちが普段使わない固い言葉をボイスチャットで送ったり再生し、
周りの人々から白い目で見られています。
どういうことかと言うと、時を遡ること数時間・・・
大学の講堂で練習をしていると管理人に怒られたため、
あるメンバーの呼びかけでLINE上で劇の練習をしていたのでした。

他にもインドネシア、台湾、スペインなどでもCMが放映されています。

世界での競合たち

メッセージサービスアプリはいくつかリリースされていますが
中でもカカオトークWeChat、そしてWhatsAppがライバルでしょう。

カカオトーク

カカオトークは韓国を中心に伸びていて、運営元のカカオジャパンの発表によればユーザー数は世界で1億人を突破したそうです。

▽2013年7月1日の発表です
カカオ_R

WeChat

WeChat   The new way to connect_R

そして中国のWeChatはほとんど国内ユーザーですが、数にしてなんと6億人です。
認知度が広がれば、まだまだ伸び白はありそうですね。

WhatsApp

WhatsApp    Home_R

WhatsAppは無料通話やスタンプのないシンプルなメッセージサービスです。

“what’s up?(やぁ元気?)”と”app(アプリ)”をかけたこのWhatsAppというサービスは
世界中になんと3.5億人の月間アクティブユーザーを持っています。

LINEが登録ユーザー3億人に対して、WhatsAppは月間アクティブユーザー(月に一度はアプリを利用するユーザー)が3.5億人ということで、その巨大さを感じ得ずにはいられません。

LINEにとって最大の競合はWhatsAppと言えるでしょう。

比較

▽世界のiPhoneユーザーにおける各サービスの利用率です
Global-Messaging-Report-<br />
1_R

アメリカではメール文化が残っているため、あまりメッセージサービスは使用されていません。

しかし、南米やヨーロッパにおけるWhatsAppの利用率は圧倒的です。
ここで注目したいのは、WhatsAppが利用二年目から有料になる(年額0.99$)という点です。
LINEの勝機はずっと無料というところにあるのかもしれません。
「信頼できるサービス」として認知度を広げていきたいですね。

▽まだまだ偏りがあります
LINEのユーザ数が世界で3億人を突破!1日に送受信されるメッセージやスタンプの平均回数は約72億回   THE BRIDGE_R
▽世界のユーザー分布です
line.global_R

日本から出発したLINEがタイを中心にアジアでも浸透し始めてきましたが、人口の多いインドを経て、中国や北米、ヨーロッパにどうやって切り込んでいくか楽しみです。

北米やヨーロッパではスタンプというコミュニケーションが少し通じにくい(子供っぽいと感じられる)こともあるようですが、スペインで広がっていることを考えればチャンスはあるはずです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
筆者のタイやスペインの友人も続々とLINEを使い始めました。
彼らに「LINE使ってる?」と聞かれると少し嬉しくなります。
世界でWhatsAppに打ち勝ち、更なる利用者の増加を期待したいです!


以上、利用者3億人突破のLINE!世界でのライバルはWhatsApp!でした!

ガイアックスでは、モバリストというデジタルコンテンツの新規制作・レンタル提供のサービスをおこなっております。

まずは活用法をまとめた資料をどうぞ、入力はカンタン1分で完了します


まずはノウハウ資料をダウンロード